バージニアの休日 〜スパ&リゾート編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

「Keswick Hall」のインフィニティ・プールとゴルフコース Photo © Mirei Sato

「Keswick Hall」のインフィニティ・プールとゴルフコース
Photo © Mirei Sato

 バージニア州の北部は、首都ワシントンDCの通勤圏だ。裕福で教養のある住民が多いからか、有名なシェフが手がけるレストランや、エレガントなリゾートといった「社交場」にも遭遇する。

 狩猟が盛んで、林野に近い小さな街を通れば、キツネ狩りで活躍するフォックスハウンド犬のモチーフがあふれている。

 乗馬も、いまだに文化として根づく。子供たちのクラブ活動に、サッカーやバスケットボールに交じって、馬術が当たり前に組み込まれている。押し寄せる開発の波で、乗馬ができる場所は徐々に減っているとはいえ、ドッグフレンドリーならぬホースフレンドリーな(自分の馬を連れて一緒に泊まれる)リゾートまであるぐらいだ。

狩猟が盛んなバージニア州。写真は、ミドルバーグの街角のショーウィンドー Photo © Mirei Sato

狩猟が盛んなバージニア州。写真は、ミドルバーグの街角のショーウィンドー
Photo © Mirei Sato

 日本から結婚式を挙げにくるカップルも多いと聞く。取材先のガーデンやホテルで、「挙式の記念に日本人カップルが植えていった木」を見せられた。そのような風習は日本では私は見聞きしたことはないのだが、ここバージニアでは「結婚=植樹」が日本の伝統文化だと思われているのかも?!

 バージニア州の観光PRキャッチフレーズは、しゃれている。「Virginia is for Lovers」。私はずっと「恋人たちの場所」という意味かと思っていた。そうではなくて、何かをこよなく愛する人、Virginia is for Lovers of XXX…。そういう意味なのだと、地元の人が教えてくれた。対象は、ワインでもいい、ハイキングでも乗馬でも。生きることでも、もちろんロマンスでも。

バージニア州北部で最大規模の奴隷農園「Oatlands」の跡地。南北戦争前まではオーツ麦を栽培していた。今は花が咲き乱れる庭園で、結婚式もよく行われる Photo © Mirei Sato

バージニア州北部で最大規模の奴隷農園「Oatlands」の跡地。南北戦争前まではオーツ麦を栽培していた。今は花が咲き乱れる庭園で、結婚式もよく行われる
Photo © Mirei Sato

1

2

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 2017年8月2日

    勢い vs. 慎重さ
    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  2.  イースター祭りに、キーマカレーとマカロニサラダはいかがでしょう? 一気にたくさん作れて、子供も大人...
  3. ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...
  4.  2017年9月1日に、アメリカ国務省(DOS)が「虚偽陳述」という用語に関する新たなガイダンスを更...
  5. 六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る