眼差しの演技に仰天!!そして、欺される?!(7月1日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2016 Roadside Attractions

© 2016 Roadside Attractions

 休暇で妻ゲイルと共にマラケシュを訪れていたペリーは、ロシア人マフィアの大物ディマと知り合う。妻子の安全と引き替えにマフィアの極秘情報を渡す決意をした彼は、ペリーに情報を運んで欲しいと持ちかけるのだが……。

 本作「Our Kind of Traitor」でユアン・マクレガーは、平凡な大学教授ながらマフィアと英国諜報部との橋渡しをすることになるペリーを相変わらずチャーミングかつリアルに演じているが、注目したいのは、ディマ役のステラン・スカルスガルド。スウェーデンを代表する俳優からハリウッド作品の常連になった人物だけに、演技力は抜きんでている。本作でも現れる度にマフィアの大物らしいカリスマ的な強引さと狂気を体現しつつ、眼差しで不安を表現するという神業を披露していた。

 登場シーンで筆者が場違いにも吹き出したのが、英国なまりのセリフを操ったダミアン・ルイス。ドラマ「Homeland」などでのアメリカ人役でお馴染みの彼は、完璧なアメリカ英語を話すだけに、てっきりアメリカ人だと思い込み、イギリスなまりに違和感を覚えたからだ。最後まで「完璧だなぁ~。さすが」と思って感心していたが、リサーチすると実はイギリス人のしかも上流階級出身だったと判明。完璧なアメリカ英語に長年欺されていたことが分かった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...
  2. 出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  3.  前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  4.  フロリダのユニバーサル・スタジオ、日本のユニバーサル・スタジオに遅れること2年、本家...
  5.  和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る