B・クランストンの名演が光る!!「The Infiltrator」(7月13日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© Broad Green Pictures

© Broad Green Pictures

 今年2月、アカデミー賞主演男優賞をレオナルド・ディカプリオらと競ったブライアン・クランストンが再び賞レースに殴り込みをかけるのが本作「The Inflitrator」。実際にあった大捕物に貢献した潜入捜査官ロバート・マズールによる原作本の映画化で、クランストンはマズールに扮する。

 潜入捜査官はある意味、命がけの俳優と言える。作り上げた人物に成りきって犯罪者と渡り合い、絆を築いていくが、少しでもボロが出れば捜査が台無しになるだけでなく、自分はおろか家族の命も危なくなる。本作でクランストンは、素顔は妻一筋のマイホーム・パパながら、潜入捜査の際には冷血でモラルが欠如したビジネスマンになりきったマズールをこれ以上ないほどにリアルに演じた。クランストンの強みは、どんなに冷血なキャラを演じても、自身が持つ暖かみのある好感度の高いパーソナリティーが滲み出ることだ。ユーモアのセンスも抜群の彼は、記者会見でいつも我々を笑わせ、そして、暖かい気持ちにさせる。エミー賞で受賞記録を作った出世作「Breaking Bad」に似た性質を持つ本作でのマズール役は、クランストンにとってハマリ役。映画賞狙いの公開時期とはズレており、また、小規模な作品ではあるものの、再びオスカー候補入りを果たしてほしい名演だった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. クロアチア共和国の首都、ザグレブの空港に降りたのは、もう夜遅い時間だった。大雨の中、3時間ドライブして、小さな村に着いた。クロアチア東部に広がるスラボニア地方、ポーツェガという村だ。道中は真っ暗闇だった。
  2. NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...
  3. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  4. 前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  5. 東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る