ウディ・アレン、分身を得る?!(7月15日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2016 Gravier Productions, Inc.

© 2016 Gravier Productions, Inc.

 自身のルーツ、ユダヤ系のネタを交えながら、万人受けするユーモアを繰り出して観客をうならせてきたウディ・アレン。御年80歳ながら、精力的に映画製作を続ける彼の新作「Café Society」は、1930年代のハリウッドとニューヨークを舞台にした青春ストーリーだ。裏方に徹したアレンに代わって、彼の分身とも言える役を見事こなしたのが、主人公ボビーに扮したジェシー・アイゼンバーグ。元々、早口気味にセリフをしゃべる彼だけに、アレン特有の独り言のような早口セリフを実に自然に表現し、アレンにとって分身を見つけて大満足だったのではないだろうか。筆者も太鼓判の分身ぶりだった。

 その反面、ヒロイン役のキャスティングにはやや違和感を覚えた。ボビーがハリウッドで出会い、ゾッコンとなったヴォニーにはクリステン・スチュワートを、ニューヨークで知り合うヴェロニカにはブレイク・ライブリーを起用しているのだが、スチュワートはヴォニー役には線が細すぎるし、ライブリーはヴェロニカ役には線が太すぎるのだ。人気の若手女優をミューズとして起用する傾向のあるアレンだが、配役をミスってしまったと言えよう。2人が逆転していたら……、有りだったかもしれないが、それでもライブリーはアイゼンバーグよりも身長も高く体格も大きいので、逆転しても厳しかったかも……。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  11月末、ハリウッド恒例のクリスマスパレードが行われた日、中心地にあるチャイニーズシアター...
  2. 本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...
  3. SHISEIDO 資生堂が、Bio-Performanceからの2つの商品を含む2016年秋の新作...
  4. 診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  5. 旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る