NY市にシリアル・カフェ登場
ケロッグが出店、体験型販売

cereal-932193_640

 シリアル大手ケロッグ(ミシガン州)は、シリアル需要の巻き返しを図って7月4日に初のシリアル・レストラン「ケロッグスNYC」をニューヨーク市内タイムズスクエアにオープンした。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、料理人トーマス・ケラーのニューヨーク・レストランを仕切っていたアンソニー・ルドルフ氏とケロッグの提携事業で、レシピは人気のベーカリー店「ミルク・バー」を所有する料理人のクリスティーナ・トシ氏が担当した。
 ピスタチオとレモンを散らしたフロステッド・フレークスや、ライス・クリスピー、ストロベリー、抹茶パウダーのトッピングがかかったアイスクリームなどを6〜8ドルで提供する。客はキッチン・キャビネット風の容器で注文の品を受け取る。キャビネットのドアを開けると注文品のほか、シリアルの箱に入っているような小さなおまけも付いてくる。
 糖分、脂肪分、塩分などが多すぎて不健康との批判も多い大量生産のシリアル・ブランドが体験を提供するのはリスクもあるが、チョコレート大手M&Mなどはニューヨークやオーランドなどの大都市で積極的に店舗を展開している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  2017年9月1日に、アメリカ国務省(DOS)が「虚偽陳述」という用語に関する新たなガイダンスを更...
  2. エース投手で4番打者というのは少年野球や高校野球ではよくあるパターンだが、プロ野球やメジャー...
  3.  8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  4. 診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  5. あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る