重厚で力強い反戦ドラマ 「Anthropoid」
(8月5日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© Bleecker Street

© Bleecker Street

ナチス・ドイツ内でもホロコーストを特に推進したハイドリヒ親衛隊大将のチェコでの暗殺計画を描いた本作は、レジスタンスとしての使命を全うしようとする若き兵士たちと、彼らを支える人々の関係を巧みに織り交ぜた反戦ドラマ。上述したように、映画の観客の半分は女性を意識したのか、実話を忠実に再現したのかは分からないが、本作でも勇敢な女性の活躍が重要なキーポイントになっているのが嬉しい。戦争・暗殺と言えば、愛国心旺盛な男性主導というイメージだが、平和を願う心は女性も同じだ。

暗殺計画を着々と進める冷静なチェコ兵士ヨゼフには、数々の作品で名演を残してきたキリアン・マーフィー、彼と行動を共にする戦闘経験の少ない兵士ヤンには「Fifty Shades of Grey」で注目されたジェイミー・ドーナンが扮し、生還の見込みのない任務を全うしようと励む青年達をリアルに表現する。特に、計画に荷担する女性たちと築く関係のコントラストの演技は印象的だった。お互いに惹かれながらも死ぬ運命にあるがゆえに深い関係にならないよう葛藤するヨゼフと、先がないと分かっているからこそなのか、ロマンスに夢中になり結婚の約束までしてしまうヤン。戦争は、家族や友人を失う悲劇だけでなく、惹かれ合う者同士が一緒になれないという不条理も引き起こすことを思い出させてくれた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  私と愛犬ノアが住むコンドミニアムには、住人同士で情報や意見を交わし合うWeb Si...
  2. ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...
  3. 中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  4. 開幕を3週間後に控えた8月中旬。トレーニングキャンプも2週目を迎え、ロサンゼルスからサンバー...
  5. 2018年6月6日

    第61回 弱みを無くす
    語弊があるかもしれないが、ざっくばらんに言って、動物の世界が弱肉強食であるように、人間世界も...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る