絶対に見逃せない?! 「Don’t Breathe」
(8月26日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© 2016 CTMG, Inc.

© 2016 CTMG, Inc.

8月下旬公開の映画なのに、6月から試写がまわっていた本作。以前もこのコーナーでお伝えしたように、早くから試写をやる映画は配給会社の自慢の作品で、かなり良質と考えて良い。本作は、またもや帰省することになった筆者にとって、試写のタイミングもバッチリなら、質も良さそう……というダブルのメリットがある作品だった。実際どうだったのかというと……。予告編で感じた「切れ者が作った作品」という予測は間違っていなかった!! ツイストに次ぐツイストの連続と、緊張の糸の絶妙なタイミングでの緩急には、ただただうなるしかなかった。共同脚本と監督を務めたのは、ウルグアイ出身のフェデ・アルヴァレス。Youtubeにアップした短編映画がハリウッドの目に留まり、「Evil Dead」シリーズの4作目となる2003年の映画「Evil Dead」で、長編映画監督デビューを果たするという、新時代の映画作家だ。

本作はB級ホラー色がプンプンするが、実はホラーではない。どちらかというとスリラーで、体が切り刻まれたり、血がドバーッとこれでもか! っと出るようなシーンはない。追い詰められてひたすらドキドキし続ける作品だ。アルヴァレスの才能と頭脳に感服した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  2.  旅行や商用でレンタカーを借りる機会があると思いますが、保険はどうしていますか? 自分の自動車保険が...
  3. 開幕を3週間後に控えた8月中旬。トレーニングキャンプも2週目を迎え、ロサンゼルスからサンバー...
  4. 前回、この12年間でアメリカのメディアで一番視聴されているFox Newsは、CNN とMS...
  5.  南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る