シリーズアメリカ再発見㊺
秋は砂漠で遊べ! フェニックス

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

朝焼けの中、上昇する熱気球Photo © Mirei Sato

朝焼けの中、上昇する熱気球
Photo © Mirei Sato

 アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関口」だ。空港の中にある便利なレンタカーオフィスから、車を借りて、一直線に目的地へ。フェニックスは素通りしてしまう人が多いのだが…。

 実はいま、フェニックスがおもしろい。食通が注目する「Foodie Town」として急成長している。

 アリゾナは、知る人ぞ知る「農業州」だ。年間を通じて温暖なため、カリフォルニアなどほかの州よりも、農産物を収穫できる期間が長い。エアルーム・トマトやフィンガーリング・ポテトなど、全米各地のレストランやスーパーマーケットで見かけるそれらは、ほとんどアリゾナで収穫されたものだ。

 だからフェニックスのレストランでは、「地産地消」がやりやすい。最近は「White Sonora Wheat」という地場の小麦が見直され、美味しい手づくりのパン屋も増えている。

 全米のほかの都市と同様、ダウンタウンには若者が戻ってきた。ライトレイルが開通し、ロサンゼルスなんかより便利なぐらいだ。

 フェニックスから広がるソノラ砂漠(Sonoran Desert)は、アメリカの砂漠としてはもっとも緑が多く、生態系も多様だ。ハイキングや熱 気球で満喫できる。秋から冬にかけてのホリデーシーズンは、「砂漠のイルミネーション」のイベントも盛り上がる。

 近隣のメサやスコッツデールとあわせて、フェニックスのおすすめスポットを紹介する。

取材協力/Special thanks to Visit Phoenix

1

2 3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 2017年3月2日

    第101回 エネルギー
     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  2. 穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...
  3. ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  4. 2016年11月2日

    第97回 The Sato Project
     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...
  5. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る