シリーズアメリカ再発見㊻
Healdsburg  花と紅葉のソノマ紀行

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

紅葉が美しい、ソノマ・ヒールズバーグPhoto © Mirei Sato

紅葉が美しい、ソノマ・ヒールズバーグ
Photo © Mirei Sato

 ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住んだ私にとっては、もう何度も行ったからいいや、と心のタンスにしまいこんだ場所だった。それが、ちょっと発音に戸惑う街から誘いを受けて、その気になった。

 ヒールズバーグ。カタカナで表しづらいこの街は、ソノマ郡北部にある。観光客が多い「表」(おもて)のソノマに対して、ここは「裏ソノマ」と言ってもいいかもしれない。

 ワインはもちろんトップクラス。特にドライクリーク・バレーのジンファンデルは世界的に有名だ。ナパほど暑くなく、セントラルバレーに比べて涼しい、という気候が、ジンファンデルにちょうどいいという。

ワイナリーに囲まれた道路を、自転車で駆け抜けるPhoto © Mirei Sato

ワイナリーに囲まれた道路を、自転車で駆け抜ける
Photo © Mirei Sato

 ダウンタウンには、小さいが優秀なシェフのレストランが集まっている。でも、グローサリーストアで買うサンドイッチが、レストラン以上に美味しかったりする。そんな場所は、カリフォルニアのワインカントリーにしかない。

 「シャトー」のようなワイナリーばかり回ると気疲れしてしまうが、ここではブティックワイナリーも、みなカジュアル。ワインづくりは基本的に農業なのだ、と教えてくれる。それでいて個性的。洗練されたテイスティングルームは記憶に残る。

 誘いを受けたのはサンクスギビングの1週間前だった。収穫は終わっているし、ブドウも見られない。正直あまり期待していなかった。ところが、これが大当たり。ホリデー前でほとんどのアメリカ人は家にいるから、どこもすいている。そして何より、紅葉がきれいだ。

11月末、ブドウも、わずかだが残っていたPhoto © Mirei Sato

11月末、ブドウも、わずかだが残っていた
Photo © Mirei Sato

 「カリフォルニアには四季がない」などと言う人は、損をしている。どうしてどうして。ワイナリーに、ブドウではなく紅葉を見に行こう。暖かいから、野花も満開だ。そんな場所は、カリフォルニアだけだろう。

 最近のヒールズバーグでは、「ワイナリーめぐりは自転車で」が鉄則だ。アレクサンダー・バレー、ドライクリーク・バレー、色づいた山並みを眺めながらペダルをこぐ。秋の高い空が、旅人のこころを軽やかに解き放してくれる。

自転車をとめて立ち寄って、と呼びかけるワイナリーの看板Photo © Mirei Sato

自転車をとめて立ち寄って、と呼びかけるワイナリーの看板
Photo © Mirei Sato

取材協力/Special thanks to Healdsburg Chamber of Commerce and Visitors Bureau

1

2 3

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1.  南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...
  2. To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  3.  「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...
  4. 2016年9月2日

    第165回 ポケモンGO
     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  5. クロアチア共和国の首都、ザグレブの空港に降りたのは、もう夜遅い時間だった。大雨の中、3時間ドライブして、小さな村に着いた。クロアチア東部に広がるスラボニア地方、ポーツェガという村だ。道中は真っ暗闇だった。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る