ジャッキー・チェン、がんばる
(公開中)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© Saban Films

© Saban Films

 前回ジャッキー・チェンにインタビューした2013年、還暦目前だった彼は、「体が動かなくなってきたからアクションも自分でスタントをするのも控える」と話していたが、何がどうして、新作「Skip Trace」では、往年のジャッキー映画を彷彿とさせるアクションの連続で、「ジャッキーは嘘つきだ」と思った。

 「Die Hard 2」などで90年代初頭のアクション映画ブームを牽引したレニー・ハーリン監督と組んだ本作でジャッキーは マトリョーシカの梱包工場のシーンやクライマックスの港でのシーンなどで、お馴染みのアクションをこれでもかと連発する。また、「Jackass」のジョニー・ノックスヴィルとの名コンビぶりも非常に良かった。

 ジャッキーはこれまで、オーウェン・ウィルソンやクリス・タッカーらアメリカ人俳優とコンビを組んできたが、今回のジョニーとの相棒ぶりが筆者は一番気に入っている。ジョニー自身、日系の女性と再婚し、「家庭教師をつけて日本語を勉強している。日本にも何度も行った。祖父の名前『アキラ』を息子につけた」と話すように、アジア系と太いコネクションがあるからだろう、これまでの共演者から何となく漂っていた「無意識の壁」がまったく感じられなかった。また、2人とも体を使ったエンターテイナーとしてキャリアを確立しただけに、言葉では表せない共通点があるからかもしれない。

 エンドクレジットには、ジャッキー映画でお馴染みのNGシーンが満載で、自らスタントをこなすジャッキーの勇姿を再び拝める。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  2. コツコツ取り組んでいれば チャンスは必ず訪れる Maruhide Marine Pr...
  3.  ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  4. 「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...
  5. この夏、全米のCostcoでも店頭に並び、アメリカ全土で親しまれている「 Hello...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る