ハロウィン カボチャ茶巾
揚げ出し豆腐の そぼろ餡かけ

文&写真/名波はるか(Text and photos by Haruka Nanami)

ハロウィンにかわいらしいカボチャの茶巾はいかが? 甘いカボチャに、ショウガの効いた豚そぼろ餡が絶妙なバランスです。一瞬お菓子のように見えますが、ご飯にも合うおかずになっています。そぼろ餡がおいしいので、多めに作って副菜にも。揚げ出し豆腐にそぼろ餡をかければ、主菜のボリュームが少ない日にぴったりな豪華な副菜に。こちらも、とろみ餡は甘めに作ってあるので、甘辛テイストでご飯が進みそうです。

今日の主菜:ハロウィン カボチャ茶巾

Photo © Haruka Nanami

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4個分)
  • カボチャ250g(約1/8個)

 

  • <カボチャ用調味料>
    大さじ1
  • しょうゆ小さじ1
  • はちみつ小さじ1
  • みりん小さじ1
     

  • <炒め調味料>
    豚ひき肉5.3oz
  • シイタケ4枚
  • ショウガ(みじん切り)小さじ1
  • サラダ油大さじ1
  • しょうゆ小さじ2
  • だし汁2oz
  • 片栗粉小さじ2
  • カボチャのタネ4個

【作り方】
❶ボチャは皮をむいて、一口大に切り、耐熱皿に並べ、酒をふり、ラップをふわりとかけ、レンジで3~5分。カボチャが柔らかくなったら、ボウルに入れ、しょうゆ、はちみつ、みりんを加えて、すりつぶす。
❷シイタケをみじん切りにし、フライパンにサラダ油を入れ、中火で熱し、ショウガ、ひき肉、シイタケを入れて炒める。しょうゆ、だし汁を加え、最後に水(分量外)で溶いた片栗粉を加えてとろみをつける。
❸ ①を4等分に分ける。②は半分は副菜に使うので、取っておく。半分を4等分に分ける。
❹ラップにカボチャ1/4量を乗せ、平らに伸ばし、真ん中にそぼろ餡を置き、ラップで茶巾に絞る。絞った先端にカボチャのタネを飾る。


今日の副菜:揚げ出し豆腐のそぼろ餡かけ

Photo © Haruka Nanami

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • 豆腐(ソフトでもハードでも)2丁
  • 片栗粉適量
  • サラダ油大さじ4

 

  • <とろみ餡調味料>
    だし汁5oz
  • しょうゆ大さじ1.5
  • みりん大さじ1.5
  • さとう大さじ1
  • 片栗粉小さじ1
  • 主菜で作ったそぼろ餡
  • 青ネギ(小口切り)適量

【作り方】
❶豆腐は水切りし、1丁を4つに切り、片栗粉をまぶす。フライパンにサラダ油を入れ、強めの中火にかけ、豆腐をそっと入れ、揚げ焼きにする。
焼き色がついたら、フライ返しで返し、裏面も焼く。
❷とろみ餡を作る。小鍋にだし汁、しょうゆ、みりん、さとうを入れ、弱火にかけ、沸騰してきたら、水(分量外)で溶いた片栗粉を回しいれて、とろみをつけ、火を止める。
❸器に揚げ出し豆腐を盛りつけ、そぼろ餡をかけ、青ネギを散らす。とろみ餡をかける。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

名波はるか (Haruka Nanami)

名波はるか (Haruka Nanami)

ライタープロフィール

タレント・グラビアアイドル・女優として日本でTV、雑誌、ラジオに出演。代表作に人気漫画の実写化作品の主人公を演じた「まいっちんぐマチコ先生」。現在は日本とロサンゼルスを行き来しながら、料理研究家としても活動中。著書(電子書籍)に「名波はるかの彼のお家で作るお泊まりレシピ」と「魔性の身体を2週間で手に入れる! 糖質制限レシピ」がある。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  2. 集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...
  3.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  4.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  5. 2016年11月2日

    第97回 The Sato Project
     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る