「Why」と「How Come」の微妙な違い

今日の動画レッスンでは“Why”と“How come”の違いについて説明します。“Why”と“How come”は両方とも「なんで?」「どうして〜なの?」を意味しますが、状況により微妙な違いがありますので、今日はその点について説明しようと思います。


1)Why
→「なんで〜なの?」

“Why”の質問をする時は、「理由」や「目的」を知りたい時に使われます。「Tell me the reason!(理由を教えてください)」と同じような意味合いを持ち、「理由」を求めた質問をしていることになります。従って、理由を突き止めたい時は“Why”を使った質問するようにしましょう。

✔用法:「Why」+「動詞」+「主語」
✔フォーマルとカジュアルな場の両方で使える。

・Why are you studying English?(なんで英語を勉強しているのですか?)
・Why did you leave early?(なんで昨日早く帰ったのですか?)
・Why are you late?(なんで遅刻したのですか?)

2)How come
→「なんで〜なの?」

“How come”も理由を求める時に使われますが、自分が想定していた事と違いてビックリする「え、なんで?」のニュアンスが含まれます。例えば、出張に行っているはずの同僚と会社で会った時に「How come you are here? I thought you were supposed to be on a business trip?(なんでここにいるの?出張じゃあなかった?)」といった具合で使われます。

✔用法:「How come」+「主語」+「動詞」
✔必ずしも「理由」を求めておらず、口語的な表現でフレンドリーな響きがある。
✔状況により「なんでなんだろう?」と自分に呟いて答えを求めていないこともある。
✔正式な文章やスピーチなどフォマルな場で使うのは避けましょう。

・How come you are studying English? Your English is perfect.(なんで英語を勉強しているのですか?英語完璧じゃないですか。)
・How come the printer is out of ink? I just replaced it yesterday.(なんでプリンターのインクが切れたの?昨日交換したばかりなのに。)
・How come I’m so tired?(なんでこんなに疲れているんだろう?[一人で呟いている])

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  新体操のアメリカ代表選手が正式発表されたのは6月13日。ロードアイランドで行われた全米選手...
  2. アメリカに住んでいる永住権保持者が、アメリカを数カ月離れる必要があり、米国外で子どもを産むこ...
  3.  今回は、CPTとOPTの違いについて2回に分けてご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)でアメリ...
  4. 2017年9月1日

    Howdy Y’all !!!
    HOWDY!!! 通年を通して過ごしやすいCAと違い、こちらダラスは9月になっても秋の雰囲気...
  5.  イースター祭りに、キーマカレーとマカロニサラダはいかがでしょう? 一気にたくさん作れて、子供も大人...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る