初めまして、ゼロハチロック(Zero-Hachi Rock, Inc.)代表の板倉と申します。
これからこの場所をお借りして、
アメリカ進出・起業・営業・マーケティングに役立つ実質的な情報や、戦略アイデアなどの事例紹介、そしてビジネスヒントとなるコラムを書いていきたいと思います。

img_2725

昔のようにはモノが売れない時代になりましたよね。
「安けりゃ売れる」でもないし、「いいものは売れる」でもない。
購買手段の劇的な進化と共に、消費者の嗜好やニーズは多様化し、
そのスピードついていけない販売側の淘汰が浮き彫りになっています。

とは言え、消費自体は必ず存在しています。
インターネットが普及する前の時代のテレビ広告の様に、単一的なメディアでの広告宣伝だけで大部分の消費者に届くマーケティングツールは無くなりつつあります。
今後、必要になってくるのは、グローバル且つ局所的なコミュニティーや消費層に届く販売力やマーケティング力ではないでしょうか?

どんな良い商品やサービスがあるとしても、それを販売する力がないと売れません。
それを必要としている人に知ってもらい、興味をもってもらい、購入してもらい、満足してもらい、そしてファンになってもらうこと。
この当たり前に古来からある流れに沿って、今の時代に合わせた手法で売れる仕組みを創ることが営業であり、マーケティングであると考えます。

変わっていくものと、変わらないもの。
これらをしっかりと見極めることが、これからの時代を生き抜く力になるはずだ。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

ライタープロフィール

カリフォルニア州レドンドビーチ在住。愛知県豊田市生まれ。21歳で渡米後、レストランでアルバイトをしながら、バンド活動とサーフィンに没頭。メディア運営に興味を持ち始め、ビジネスの世界へ。
全米最大級の日系オンラインメディア運営会社にて、広告販売を中心とした営業部の立ち上げ、新規エリア開拓、マーケティング戦略・イベント企画の立案、遂行など、営業/販売サイドの統括責任者として実績を残す。11年連続売上増に貢献した後退社。2016年1月、米国法人 Zero-Hachi Rock, Inc.を設立。ロサンゼルスを中心に、起業支援、日系企業のセールス/マーケティング支援、日本企業のアメリカ進出支援を主な事業として活躍中!

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。
  2. なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  3. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  4.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  5. 昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る