「So」と「Very」を使い分ける簡単ルール

「So」と「Very」は両方とも「とても」を意味する単語ですが、使い方が若干異なります。適切に使い分けされていなくとも会話に支障をきたすほどではないのですが、ちょっと不自然な英語に聞こえます。誰でもすぐに使い分けができる簡単ルールをご紹介します。


「So」を使う状況
→ 相手が既に知っている情報や当然なことを述べる時

“So”は基本的に話し相手が既に知っていることについて話す場合に使われます。また純粋な感情を含み、親しみを感じさせるニュアンスがあるので、友達や同僚など関係が近い人に対して使われる傾向があり、インフォーマルな表現になります。

「Very」を使う状況
→ 相手にとって新しい情報を伝える時

“Very”は基本的に話し相手が知らないこと、相手にとって新しい情報を伝える時に使われます。スピーチや面接などフォーマルな場で使われる傾向があります。

基本的なルールはこれだけです。ちょっとしたニュアンスの違いなので、あまり考え過ぎる必要はありませんが、違いを理解することで徐々に上手に使い分けができるようになります。例文で比較してみましょう。

1) It’s so hot today.(今日はとても暑いですね。)
※その場に居合わせている人に言うイメージです。

1) It’s very hot in Japan.(日本はとても暑いです。)
※日本に住んでいない人、行った事がない人に対して言うイメージです。


2) I’m so tired.(とても疲れています。)
※職場の同僚など、自分が疲れていることを分かっている相手に言うイメージです。

2) I’m very tired.(とても疲れています。)
※自分が疲れていることを知らない人に「How are you?」と挨拶された時などに返事をするイメージです。


3) That movie was so funny!(あの映画本当に面白かったね。)
※一緒に映画を見た相手や、その映画を既に見た人に言うイメージです。

3) That movie was very funny!(あの映画は本当に面白かったよ。)
※まだ映画を見ていない人言うイメージです。


4) Thank you so much for helping out today.(今日はお手伝いありがとう!)
※友達に対して使うイメージ。ここで“Very”を使うとやや固い。

4) Thank you very much for your time.(お時間をつくっていただき誠にありがとうございました。)
※ビジネスの場で使うイメージ。ここで“So”を使うとフレンドリー過ぎる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  2. ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...
  3.  「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...
  4. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  5.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る