ネイティブは「Fine」をこう使う

日本の方にとって“Fine”といえば「How are you」の返答の「I’m fine」を思い浮かべる人が多いかと思いますが、昨日の動画レッスン(アメリカ人は「How are you」にどう答えるか実験してみた)でご紹介したとおり、実際はそのような使い方はほとんどされません。では一体ネイティブは“Fine”はどのように使っているのか?ご紹介しようと思います。


1) I’m fine
→「大丈夫です」

誰かに心配されたり、気に掛けてもらったりした時に 「大丈夫ですよ」 と相手を安心させる一言としての使い方です。例えば、サイクリング中に転んで「Are you ok?(大丈夫ですか?)」と声を掛けられた時に、「I’m fine.(大丈夫です)」と答えます。なお、尋ねる側の人が“fine”を使うと違和感があるので“ok”を使いましょう。

〜会話例1〜
A: You don’t look good. Are you ok?(顔色が悪いですよ。大丈夫ですか?)
B: I’m fine. I’m just a little tired.(大丈夫です。ちょっと疲れているだけです。)

〜会話例2〜
A: What if he gets on the wrong train? He can’t even read Japanese.(彼が間違って違う電車に乗ったらどうしよう。日本語も読めないし。)
B: He’ll be fine. He’s traveled to a lot of countries. I’m sure he’ll figure it out.(大丈夫だよ。彼は色々な国に旅行しているんだから自分で何とかするでしょう。)

〜会話例3〜
A: How’s your son doing? Is he ok?(息子さんの調子はどうですか?大丈夫ですか?)
B: He’s fine. It was just a mild sprain.(大丈夫です。軽い捻挫をしただけです。)

2) (No) I’m fine
→「結構です」

相手の申し出や依頼、勧めなどを断る時に使う一言です。例えば、レストランの店員に「ビールをもう一杯いかがですか?」と聞かれた時に「No, I’m fine.(いえ、結構です)」 という具合に使います。「I’m fine」の一言だけでも「結構です」を意味しますが、「No thanks. I’m fine」と言った方が、より丁寧な返答の仕方になります。

〜会話例1〜
A: Would you guys like to see the dessert menu?(デザートメニューは見られますか?)
B: No thanks. We’re fine. Can we get the check, please?(いえ、結構です。お勘定をお願いします。)

〜会話例2〜
A: Do you want me to help you out?(手伝ってあげましょうか?)
B: I’m fine. I’m almost done.(もうすぐ終わるので大丈夫です。)

〜会話例3〜
A: Do you need anything from the market?(コンビニで何かいりますか?)
B: No, I’m fine. Thanks for asking though.(大丈夫です。お気遣いありがとうございます。)

3) That’s fine (with me)
→「それで大丈夫です」

相手が提案したことに対して 「それでいいですよ」や 「それで大丈夫ですよ」 を意味する表現です。例えば、友達に約束の時間を1時間遅らせてもいいかと聞かれた時に「Yeah, that’s fine.(ええ、大丈夫ですよ)」と返事をします。「That’s fine with me.」と言う人もいますが、どちらでも意味は同じです。

注意しなければならないのが、前述した通り、状況によっては相手の申し出を断る意味にもなるので、会話の流れでしっかり使い分けする必要があります。基本的には、提案を受け入れるときには 「Yes, that’s fine.」、断るときには 「No that’s fine.」 と言えば問題ありません。

〜会話例1〜
A: Can we reschedule the meeting to tomorrow?(明日にミテーィングを変更してもよろしいでしょうか?)
B: Yeah, that’s fine. How about 5 p.m. tomorrow?(はい、大丈夫ですよ。明日の午後5時はいかがでしょうか?)

〜会話例2〜
A: Sorry we don’t have Pepsi. We have Coke though.(申し訳ありません、ペプシーは置いていないのですがコーラでしたらあります。)
B: That’s fine. Thanks.(それで大丈夫です。ありがとうございます。)

〜会話例3〜
A: Would you like a gift receipt?(ギフト用のレシートは必要ですか?)
B: No, that’s fine.(いえ、結構です。)

4) Fine!
→「もういいよ!」

不満や愚痴ばかりをこぼしたりする人や、こちらの提案やアドバイスを全く聞かない人に対して 「もういいよ!」や「わかったよ!」 と怒っている感情やうんざりしている気持ちを示す場合の表現です。「Fine then.」 という表現も同じ意味合いで使われます。

〜会話例1〜
A: It’s my friends birthday tonight and I want to hang out with him.(今夜は友達の誕生日だから彼と一緒に遊びに行きたいんだ。)
B: Fine! Just do what you want then.(もういいよ!勝手にしな。)

〜会話例2〜
A: Sorry something came up and I can’t make it tonight.(ごめんなさい、今夜は用事が出来て行けません。)
B: Fine then! I’ll just ask someone else.(もういいよ!他の人に頼むから。)

〜会話例3〜
A: If you want to go home, then go home!(帰りたいんだったら、帰ればいいじゃん。)
B: Fine! I’ll just take a taxi home.(分かったよ!タクシーで帰るから。)

おまけ

Fine…
→「しゃ〜なしやで〜」

以前、大阪出身の友達と遊んでいる時に「しゃ〜なしやで〜」って英語で何と言うのか聞かれた事があるのですが、その言葉にはどのようなニュアンスがあるのかを説明してもらったうえで(大阪人が言う「しゃ〜なしやで〜」は、別に嫌とも思っていないのに、わざと恩義せがましく相手の要望を受け入れる一種の冗談とのこと)、“Fine”を面倒くさそうに言うのが最適と思い、そう教えた経験を思い出したので一応シェアーしておこうと思います。(笑)

〜会話例1〜
A: Can you pick me up tomorrow?(明日、迎えに来てくれへん?)
B: Fine.(しゃーなしやでー)

〜会話例2〜
A: Let me get a bite.(一口だけちょうだいや!)
B: Fine. But just one bite though.(しゃーないなー。でも、ちょっとだけやで。)

〜会話例3〜
A: Can I borrow five bucks? I left my wallet at home.(5ドルかしてくれへん?財布を家に忘れてもうた。)
B: Fine. I’ll just get it.(しゃーないなから、おごったるわー)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  2.  普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  3.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  4. 2017年3月3日

    第54回 多人種社会
     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  5. 自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る