「Hope」と「Wish」の使い分けルール

「Hope」と「Wish」は両方とも「望む」や「願う」を意味し、「〜だったらいいのにな」といった表現をするときによく使われる単語です。一見、両方とも意味は同じようですが、実はそこには微妙なニュアンスの違いがあるんです。今日はその違いについてご説明いたします。


1) Hope
→「可能性がある願望

一般的に“Hope”は、必ずしも望み通りにはいかないかもしれないが、期待や願望が実現する可能性は十分にあり得る場合に使われます。例えば、週末に友達とバーベキューを予定していて「週末、晴れるといいね」と言う場合は「I hope it’s sunny this weekend.」になります。晴れる可能性は十分にあるので、ここでは“Hope”を使います。

✔ 基本的に“Hope”の後には、現在形の動詞(文章)が続きますが、未来形(will)で表しても間違いではありません。→「I hope it will be sunny this weekend.(今週末、晴れるといいね。)」
✔ 過去形の動詞(文章)が“Hope”の後に続くことはあまりありませんが、何か気になっている状況の成り行きを見守るニュアンとして使うことがあります。→「I hope she made it home safely last night.(昨晩、彼女は無事に帰れたといいのですが。)」

・I hope you pass your test.(試験に合格するといいですね。)
・I hope everything works out.(全て上手くいくといいですね。)
・I hope the beach is not crowded tomorrow.(明日、海が混んでないといいですね。)
・I hope she finished the marathon yesterday.(昨日のマラソン、彼女が完走できたことを願っています。)

2) Wish
→「可能性が低い/不可能な願望」

“Wish”は期待や願望の現実化が難しい、または不可能な場合に使われます。例えば、週末に友達とバーベキューをするはずだったのに、当日は大雨で中止になった場合「I wish it was/were sunny.(晴れていたらな・・・)」といった具合に使います。既に雨が降っており、その雨が止む可能性は低いので、ここでは“Wish”を使います。文法上“wish”の後にフォローするBe動詞は“were”が正しいのですが、最近では名詞に「I/he/she/it」がくる場合は“was”を使うことが一般的になり、会話においてはどちらを使っても問題ありません。

✔ その他、「I wish you a happy birthday.(お誕生日おめでとうございます)」のように、おめでたい出来事を祝ったり、「I wish you every happiness.(ご多幸をお祈りします)」のように、相手の幸運を祈ったりする場合にも“Wish”が使われます。基本的に「I wish you _____」のパターンになります。

【未来の話をする場合】
「wish」+「would」+「動詞」
→ I wish he would stop smoking.(彼タバコを止めてくれるといいのにね)
「wish」+「could」+「動詞」
→ I wish you could come with us.(私たちと一緒に来れたらいいのにね)
【現在(現時点)の話をする場合】
「wish」+「過去形」
→ I wish I spoke Chinese.(中国語を喋れたらいいのにな。)
「wish」+「過去進行形」
→ I wish it weren’t/wasn’t raining right now.(雨が降ってなければよかったのにな。)
【過去の話をする場合】
「wish」+「had」+「過去分詞」
→ I wish I had studied harder.(もっと頑張って勉強すればよかった。)
「wish」+「could have」+「過去分詞」
→ I wish I could have been there.(そこにいれたらよかったのにな。)

・I wish it would stop raining.(雨が止んでくれたらいいのにな。)
・I wish I could understand what he’s saying.(彼が言っていることを理解できたらいいのにな。)
・I wish I had a lot of money.(お金持ちだったらいいのにな。)
・I wish I had an older brother.(お兄ちゃんがいたらよかったな。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. コツコツ取り組んでいれば チャンスは必ず訪れる Maruhide Marine Pr...
  2. 2016年9月4日

    第40回 ロールモデル
    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  3.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  4.  カリフォルニアワインの質と評価が、世界的に認知されたのは喜ばしい。しかしながら、高騰し続け...
  5.  暑い日に食べたい冷やし中華。いつもの定番の冷やし中華を少しアレンジして、トマトと大葉の香りが食欲を...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る