【英会話】YOKOのLA通信第9回

img_9619-1-728x485

新年明けましておめでとうございます。
読者の皆さんはどのようなお正月でしたか?
Facebookで日本の様子を見ていました。
お正月は日本で迎えられたらと思いが募ります。
私はこの10日間のお休み本当に楽しめました。
去年は11月に日本に3週間滞在したこともあり、あっという間に12月になってしまい、久々に超多忙な中、お正月を迎えたような気がしました。
12月は我が家で家族やランニングチームのパーテイが重なり、気がついたら新年みたいな気分でした。
忙しい中でも普段料理を作らない私ですが、12月は殆ど毎週、クリスマスデナーに始まり毎週末、色々と作っていました。
12月31日の夜は恒例の除夜の鐘を叩けて大満足でした。
おせち料理もしっかり作り元旦は家族とゆっくり出来ました。
美味しいものが美味しく食べられるってやはり幸せな事ですね。
去年も我が家にはいつも人が集まってくる場所でしたが、今年もまたたくさんの思い出を家族だけでなく多くの友人達とも作れたら嬉しいですね。

怪我をした左ひざですが、本当に3週間以上完全に完治するまでかかってしまいました。
ランは膝の様子を見ながら走っていた事もあり思うように距離が伸ばせませんでした。
2日はチーム恒例のビーチランでした。久しぶりのビーチランは最高でした。
人でも少なく一肌寒い感じでしたが膝の痛みも殆どなく走れたので大満足でした。

今年の目標,願い事の中の一つに
「世界中の動物達が安全に暮らせるように。」
「世界中が平和でありますように」
と書きました。2017年は楽しいニュースがたくさんあると良いですね。

2017年私は「年間1000マイルチャレンジラン」に申し込み元旦からスタートしました。
長いスパンでしっかり継続できるこのチャレンジ今から楽しみです。
読者の皆さんもきっと多くの事を2017年から始めようと思っていられるかと思いますが、ぜひその内容を書き出し、言葉にして「継続」してみましょう。
私もメルマガ今年も気合いを入れて頑張ります。

2017年もどうぞ宜しくお願いします。
陽子セニサック

【今回の課題】 ★★★

下記の文章を訳して下さい。

Billが友人のMikeに自分が好きなフットボールチームについて話しています。

Mike: You look like you lost your best friend so why the long face?

Bill: Oh, my team took a beating yesterday and at this point of the season
.

Mike: Come on Billy, your team is still on top and will certainly in the playoffs.

Bill: I know but I got so used to the W and when this happens
I blow a gasket.

Mike: Cheer up. Thursday they will them so you have nothing to worry about.

Bill: I hope you are right and by the way do you wanna come over and cheer
us on?

Mike: I wish I could but I have other plans. I’m keeping my fingers crossed
for you guys.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル.セニサック氏と結婚。
1985年、同氏とともにロスアンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。
以来、30年以上LAに駐在するビジネスマンから幼児まで、全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒さんのニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...
  2. Day 1 ︱ 6 December 2012 記録時間1930hrs 緯...
  3. 注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  4. クロアチア共和国の首都、ザグレブの空港に降りたのは、もう夜遅い時間だった。大雨の中、3時間ドライブして、小さな村に着いた。クロアチア東部に広がるスラボニア地方、ポーツェガという村だ。道中は真っ暗闇だった。
  5. 今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手として五輪出場を狙っているのはジェイ、ケビン、ミックのリザランド兄弟。3人ともジョージア大学2年生の20歳。三つ子の選手だ。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る