簡単フライパンde 和風紅白パエリア
グレープフルーツドレッシングコールスロー

文&写真/名波はるか(Text and photos by Haruka Nanami)

 お正月も明け、ホームパーティーが多くなる1月。おもてなし料理は、定番のお料理もいいけれど、ひとひねり加えて、みんなをアッと言わせたいですよね!
 そんな時に簡単なのに、おいしくて見栄えのいいパエリアと、爽やかなグレープフルーツを使ったサラダ。パエリアの具材は、基本なんでもOKなんですが、お正月を意識して、紅白になるようにしてみました。火にかけると、どうしても具材が縮んでしまうので、乗せる具材は多めにすると綺麗に仕上がります。
 コールスローサラダは、グレープフルーツを絞ったドレッシングで、甘酸っぱい仕上がりに。箸休めにもなるので、倍量作ってもすぐになくなります。味見して、なにかパンチが効いてないなぁ~と感じたら、お酢と塩こしょうを少し足してみてください。

今日の主菜:簡単フライパンde和風紅白パエリア

Photo © Haruka Nanami

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • 2合
  • タラ2切れ
  • カリフラワー1/4株
  • ミニトマト8個
  • パプリカ(赤)1/2個
  • バター0.7oz
  • オリーブオイル小さじ2
  • 少々
  • こしょう(あれば白こしょう)少々
  • だし汁12oz
  • 白ワイン大さじ2
  • しょうゆ大さじ2

【作り方】
❶米は洗って水気を切っておく。タラは半分に。カリフラワーは小分けにする。パプリカは1cmの角切りにし、ミニトマトは1/2に切る。
❷だし汁、白ワイン、しょうゆを混ぜ合わせておく。
❸フライパンを中火で熱し、バターとオリーブオイルを溶かす。溶けて混ざったら、火をいったん止める。
❹米を平らに敷き詰め、上に具材を乗せる。強めに塩こしょうして、②をそっと注ぎ入れる。蓋をして火にかけて、沸騰したら弱火で10分。10分したら、火を止めて蓋をしたまま5分蒸らす。


今日の副菜:グレープフルーツドレッシングコールスロー

Photo © Haruka Nanami

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • キャベツ(千切り)1/4玉
  • ニンジン(千切り)1/4本
  • ツナ缶1/2缶
  • <ドレッシング>
  • グレープフルーツ1/4個
  • タマネギ1/8個
  • オリーブオイル大さじ1
  • 白ワイン小さじ2
  • 小さじ2
  • 少々
  • こしょう少々

【作り方】
❶キャベツとニンジンは千切りにして、軽く塩もみして、しばらく置く。野菜から水分が出てしんなりしたら、塩を水で洗ってザルに上げ、絞り、水気をキッチンペーパー等でふき取る。ツナ缶はオイル(または水分)を切っておく。
❷グレープフルーツを搾ってジュースに、タマネギはすりおろす。ドレッシングの材料をすべて混ぜ合わせる。キャベツとニンジン、ツナ、ドレッシングを和える。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

名波はるか (Haruka Nanami)

名波はるか (Haruka Nanami)

ライタープロフィール

タレント・グラビアアイドル・女優として日本でTV、雑誌、ラジオに出演。代表作に人気漫画の実写化作品の主人公を演じた「まいっちんぐマチコ先生」。現在は日本とロサンゼルスを行き来しながら、料理研究家としても活動中。著書(電子書籍)に「名波はるかの彼のお家で作るお泊まりレシピ」と「魔性の身体を2週間で手に入れる! 糖質制限レシピ」がある。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 戦況を見て移動する騎馬隊
Photo © Mirei Sato
    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  2. 7de927fd56f8775f8a869e44cfa2c04e_s
    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  3. Courtesy of Taylor Anderson
     東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  4. Photo © Haruka Nanami
    FL:今、日本でどんな活動を行っているのでしょう? 料理はそのうちどれくらいの割合ですか? ...
  5. dog2-2

    2016年11月2日

    第97回 The Sato Project
     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...

デジタル版を読む

610cover フロントライン最新号
ページ上部へ戻る