第147回 Personal Articles 保険について

文/安岡忠展(Tadanobu Yasuoka)

429210

 ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が決まっているのをご存知ですか? 例えば、ある保険会社のホームオーナーズ保険では、宝石、時計、毛皮は上限1,500ドルまでとなっていますので、高価な物であればこの上限額では足りません。

 ホームオーナーズ保険でカバーしきれないような物に保険をかけるために、Personal Article保険があります。ホームオーナーズ保険の内容を確認し、リミット内で収まらないような高価な物はPersonal Article保険の加入をお勧めします。

対象となる物:
 カメラ、ビデオ機器、骨董品、拳銃、毛皮、ゴルフ用品、宝石、貴金属、楽器、コンピューター、絵画など。

価値の申請:
 保険にかける物の価値を証明するために、レシートや写真を提出させられることがあります。高価な物や、価値が証明できないような物は、鑑定士に価値を鑑定してもらい、証明書を提出しなければなりません。

カバー内容:
 盗難や火災など、通常のホームオーナーズ保険でカバーされている内容に加え、Personal Article 保険では更に幅広くカバーします。保険会社のプランによってカバー内容は異なりますが、紛失や壊してしまった場合もカバーするプランや、世界中どこでもカバーするタイプもあります。必ず加入前にご確認ください。

加入方法:
 Personal Article保険はホームオーナーズ保険の特約として加入する方法と、Personal Article保険のみ単独で加入する方法があります。コンドにお住まいの人、アパートや家をレントされている人も加入できます。カバーしたい物の価値を調べ、見積もりを依頼してください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

安岡忠展 (Tadanobu Yasuoka)

ライタープロフィール

全ての保険を取り扱う総合保険代理店「ダイワ保険代理店」代表。顧客の保険代理人として「お客様にとってベストなプラン」を提供する。目標は「全ての保険を取り扱うことでお客様のニーズを把握し、生涯のパートナーとしてお付き合いいただくこと」。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...
  2. 前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  3. 金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  4. 6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  5.  2017年9月1日に、アメリカ国務省(DOS)が「虚偽陳述」という用語に関する新たなガイダンスを更...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る