ウォルト・ディズニーとIT企業への
H-1Bビザ集団訴訟

文/デビッド・シンデル(Text by David Sindell)

ウォルト・ディズニーワールド、HCLアメリカ社(HCLA)とコグニザントテクノロジーソリューション(CTS)を相手取った、2人の元ウォルト・ディズニーのIT部門従業員率いる集団訴訟は、オーランド、フロリダ州の連邦地方裁判所により棄却されました。2人の元従業員は、ディズニー、HCLA およびCTSのH-1Bビザプログラムの詐欺や不正使用について告訴していました。

元従業員は約200〜300人に及ぶディズニーの従業員が解雇されたこと、また彼らがその解雇までの90日間にH-1B労働者のトレーニングをするよう指示されたと主張しました。訴状によると、従業員がH-1B労働者のトレーニングを拒否した場合、ディズニーは彼らのボーナスや退職金を支払わないだろうとされていました。また訴状では、HCLAやCTSがディズニー・ワールドと共謀し、アメリカ人労働者の労働条件に不利に影響していないこと、またH-1B従業員の雇用はアメリカ人労働者の代替とはなり得ないことを不正に証明しているとしています。

連邦裁判官は、元従業員が訴状で不正だとして申し立てた陳述については、彼らのケースを確証するには十分でない、としてこの集団訴訟を棄却しました。ただし裁判官は、アメリカ人労働者が解雇により不利な影響を受けてきたという元従業員の主張を全面的に棄却してはいません。裁判官は元従業員たちに訴状を修正し再度挑戦するチャンスを残しています。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  2. 2009年のNational Center for Education Statistics...
  3. 2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...
  4. 2017年10月1日

    心の病 相談室
    Q.1 在米日本人が発症するうつ病は、どのような経緯で陥るケースが多いのでしょうか?A....
  5. あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る