「One day」と「Someday」の違いと使い分け

「いつか」を辞書で調べると「One day」と「Someday」両方が出てきます。両方とも未来のある時を指しますが、そこには微妙なニュアンスの違いが生じることはご存知ですか?今日は、辞書では教えてくれない「One day」と「Someday」の微妙な違いについて説明したいと思います。


1) One day
→「いつか必ず」

「One day」は強い願望や意思が込められた「未来のいつか」を表し、それに向け積極的な行動をとったり、一生懸命頑張るニュアンスが含まれます。時の流れによって自然に訪れる「いつか」ではなく、人の努力や意志によって引き寄せる「いつか」を意味します。未来の出来事に約束または誓いをしているような感覚です。例えば、本気で起業したいと思っている人であれば「One day I’m going to start a business(いつか起業します)」という具合に、ここでは「One day」を使うのが適切で、聞いている人にも本気であることが伝わります。

✔ 文頭と文末両方で使える。
✔ “Oneday”ではなく“One day”
✔ 「One of these days」も同じ意味合い。

・One day I will be a lawyer.(いつか必ず弁護士になります。)
・One day you will be successful.(あなたはいつか必ず成功するでしょう。)
・I’m going to marry her one day.(いつか必ず彼女と結婚します。)

2) Someday
→「(漠然とした)いつか」

「Someday」は「いつになるか分からないけど」といったニュアンスが含まれ、漠然とした「いつか」意味します。努力や意志によって引き寄せる「いつか」ではなく、時の流れによって自然に訪れる「いつか」を意味します。例えば、アメリカに住んでいる友達に「いつか会いに行くね」という場合は「I’ll come visit you someday.」と表すのが自然でしょう。友達に会いに行くのはいつになるか分からないけど、そのうち遊びに行くことを指します。

✔ 文頭と文末両方で使えます。
✔ “Someday”で一つの単語です。“Some day”だと「来週のいつか」や「来月のいつか」のように、訪れることが前提での「いつか」となり、若干ニュアンスが異なる。

・Someday I’m going to be rich.(いつか金持ちになります。)
・Someday I want to travel the world.(いつか世界中を旅行したいですね。)
・Let’s try that new restaurant someday.(いつかあの新しいレストランに行きましょう!)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...
  2.  前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  3.  11月末、ハリウッド恒例のクリスマスパレードが行われた日、中心地にあるチャイニーズシアター...
  4.  「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...
  5. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る