「一口ちょうだい?」を自然な英語で

友達とレストランやカフェに行き、自分が注文したメニューでないものに対し「それ一口ちょうだい」と聞くことはよくあると思いますが、「一口」は英語では何て言うのかご存知ですか?実は食べ物か飲み物かによって表現の仕方が異なるので、今日はそれぞれの表現をご紹介します。次回、友達とレストランに行くときは是非この表現を使ってみてください!!


食べ物の場合

1) Let me have(get) a bite
→「一口ちょうだい」

一口食べることは英語で「have a bite」と表現します。相手の食べているものを「一口ちょうだい」と言う場合の定番フレーズです。“Bite”は「噛む」ことを意味します。

✔ “have”を“get”に置き換えても意味は同じ。

・That looks good. Let me have a bite.(美味そうやな〜。一口ちょうだいや〜。)
・Let me get a bite.(一口ちょうだい。)
・Can I have a bite?(一口食べていい?)

2) Do you want a bite?
→「一口食べる?」

相手に自分の食べているものを「一口欲しい?」と尋ねる場合の定番フレーズです。「Do you want」を「Would you like」と表現した方が上品で丁寧な響きになります。

・Do you want a bite?(一口食べる?)
・Would you like a bite?(一口食べますか?)
・Have a bite.(一口食べてみてや!)

飲み物の場合

1) Let me have(get) a sip
→「一口ちょうだい」

一口飲むことは英語で「have a sip」と表現します。相手の飲んでいるものを「一口ちょうだい」と言う場合の定番フレーズです。“Sip”は「すする」や「チビチビ飲む」を意味します。

✔ “have”を“get”に置き換えても意味は同じ。

・Let me have a sip.(一口ちょうだい。)
・Can I get a sip?(一口飲んでええか?)

2) Do you want a sip?
→「一口飲む?」

相手に自分の飲んでいるものを「一口飲む?」と尋ねる場合の定番フレーズです。食べ物と同様「Do you want」を「Would you like」と表現した方が上品で丁寧な響きになります。

・Do you want a sip?(一口飲む?)
・Would you like a sip?(一口飲みますか?)
・Have a sip.(一口飲んでみてや!)

食べ物or飲み物の場合

Can I have(get/try) some?
→「ちょっと食べていい?/飲んでいい?」

上記では食べ物の場合は“Bite”、飲み物の場合は“Sip”と表現すると説明しましたが、食べ物と飲み物の両シチュエーションにおいて使えるのが“Some”になります。“Some”は「ちょっと」を意味するので、必ずしも「一口」だけとは限りませんが・・・(笑)

✔ “have”を“get”または“try”に置き換えても意味は同じ。

・Can I have some?(ちょっとだけもうてええか?)
・Do you want to get some?(ちょっと欲しい?)
・Try some.(食べて[飲んで]みて。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...
  2. 2017年4月2日

    第102回 犬ビジネス
     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  3.  私と愛犬ノアが住むコンドミニアムには、住人同士で情報や意見を交わし合うWeb Si...
  4. クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。
  5. 前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る