【英会話】YOKOのLA通信第16回

2月最後の週末ですね。
ロスのお天気は今年に入ってから、1週間に数回は雨が降ると言うロスにしてはとにかく雨が多い2ヶ月です。
そして例年より寒い日が続いています。
先ほど東京とロスの温度を比較してみましたが、東京に比べればロスの方が気持ち暖かいですが、それでも長くロスに住んでいる私達にとっては、肌寒い日が続いています。

BYBは3月3日で創立32周年を迎えます。
長男の淳が1歳の時にBYBをオープンしましたのでやはり32年間って長いですよね。笑
色々ありましたが、こんなに長い間頑張って継続できたことに感謝です。
BYBを卒業された生徒さんの数も3000人以上になります。
これまで一度としてBYBに行きたくないと思ったことはなく、毎朝BYBに行くことが今も32年前同様楽しみです。
好きなことが仕事に結びつき「英語を教える」と言う情熱が30年以上も続けてこられたと思っています。
好きな仕事が継続できる環境にいられることに感謝の気持ちで一杯です。

又、今年は皆様にお伝えするBig Announcementもあり、3月11日に盛大なパーテイを開催することになりました。
その準備でバタバタしています、招待数が50名と限られていますのでBYB Torrance校、Irvine校、生徒さん、講師陣、友人、ビジネス関係者を含めますと50人では足りないぐらいです。
皆さんに楽しんで頂けるような素晴しい企画を練っています。

【前回の課題解答】 ★★★

下記の文章を訳して下さい。

GlenはBillがBike ridingをしているのを見かけその話をしています。

Glen: I see you went bike riding yesterday. I thought you got lazy and just gave up.

昨日バイクライデングに行ったのを見たよ。もうやる気なくして諦めたのかと思ったよ。

Bill: Come on now, you know me better than that. It has been my
crazy schedule things have been so hectic lately.
何言っているんだよ、俺はそんなんじゃないって知っているだろう。最近、凄く忙しい日が続いていたからね。

Glen: Well, glad to see you are back at it and hopefully you will be able to keep it up.
まあ、自転車に乗っているお前を見られて嬉しいよ。今後も続けられるといいな。

Bill: You and me both but if it is not work it is the rain so let’s just keep our fingers crossed.
お互いにね、仕事じゃなければ、雨だしさ、雨が降らないように祈ろうよ。

Glen: Sounds good, let me know next time you are heading out because I will tag along.
そうしょう、次にバイクライデングに行く時は知らせてくれよ、僕も一緒に行くからさ。

<宿題のポイント>
● come on now = もう、何言ってるの。と言うニュアンスです。
● back at it = 元に戻ると言う意味ですが、この場合「又以前のように自転車に乗る」と言う意味です。
● tag along? = 一緒にバイクライデングをすると言う意味になります。

【今回の課題】 ★★★

下記の文章を訳して下さい。

Billが風邪での体調不良をYokoに話しています。

Bill: I came down with a cold and the last 4 days I felt miserable. I’m telling you this is a real whopper.

Yoko: Don’t tell me about it. Everyone I know has got the same thing and it just doesn’t want to go away.

Bill: I can’t remember when I have had something like this but let me tell you I feel like my nose is going to fall off, 4 boxes of tissue already and counting.

Yoko: Well, stay away from me I can’t afford to be sick right now with all the things I got going on.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル.セニサック氏と結婚。
1985年、同氏とともにロスアンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。
以来、30年以上LAに駐在するビジネスマンから幼児まで、全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒さんのニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。
  2.  事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  3.  颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...
  4.  ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  5. クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る