キューバ〜基礎知識・治安〜

謎に包まれた国、キューバの基礎知識を確認します。

キューバ共和国 -Republic of Cuba-

人口 約1,126万人。東京より少し少ないくらい 言語 スペイン語 時差 ・ニューヨーク 時差なし
・ロサンゼルス -3時間
・東京 +14時間
気候 亜熱帯気候
平均気温は冬は25度、夏は31度
コンセント プラグタイプ: A と B
電圧:110ボルト
周波数:60HZ
アメリカにお住いの方は普段使用のものでOK!
日本からの方はプラグの形はOK!ただ、周波数が異なるので海外対応の電化製品を利用してください

 

ちなみに

旅行先のコンセントの形や電圧を調べたい時に役立つサイト(英語)
POWER PLUGS AND SOCKETS OF THE WORLD

1,行く国を選択2、在住国を選択
電化製品がそのまま使えるかどうか教えてくれます。

仕事

キューバの主な産業は観光業、農林水産業(砂糖、タバコ、魚介類)、鉱業(石油、ニッケル等)、医療・バイオ産業。
社会主義のキューバは、皆公務員。平均月給は30〜40ドル程。

3,000千円前後で月を生活するなんて、正直考えられないと思います。
しかし、食料の配給制度があり、基本的な生活を送ることができるのです。

娯楽

歌って踊って、過ごしていました。

現在でも世界中から音楽留学に訪れる人が後を立たないように、
音楽、ダンス、芸術の高いレベルを誇っている国なのです。

キューバの医療

子供から大人まで医療は無償。
キューバの医療はとても充実しています。

キューバの教育

キューバの識字率は98%。

全ての人々に教育を、という精神はカストロの理念だそう。
キューバ革命が成功した後に、まず行った事は「識字率を上げる」活動だったように、
教育をいうものをとても大切にしている国なのです。

治安

とてもいいです。
正直驚きました。まず、中南米という時点で危険な場所というイメージがあったのですが、日本の様なイメージをもっていただけると。

長年住んで入る方も、危険な目に合ったことはないとおっしゃるほど。

その背景には、やはり皆が平等に暮らせるように作られた社会主義という特殊な国の形があると思います。
食べ物は配給で、仕事もあり、教育と医療は無料。また暖かい国なので、外で凍死することもありません。

こうした様々な理由が重なり合って、のんびりした安全な国が作られて入るのだと思います。

ただ、もちろんどこにいても基本的な注意は払わないといけないですね。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る