「〜してもらう」のか?「〜させる」のか?用法を気を付けたい使役動詞

「(人に)〜をしてもらう/〜させる」と英語で言う場合、“Have”、“Make”、“Get”、“Let”のいわゆる使役動詞を使って表現します。しかし、この4つの使役動詞のどれを使っても良いというわけではなく、状況に応じて適切な使い方をしないと、相手にとても失礼な表現となってしまうので注意が必要です。今日は、この使役動詞それぞれの使い分け方についてご説明しようと思います。


1) Have someone do something
→「〜をしてもらう」

人に何かをしてもらう時に使われるフレーズです。特に自分では出来ないことを依頼するニュアンスがあります。例えば、留学をしていて親に日本食を送ってもらった場合、「I had my parents send me Japanese food.」 と表します。

✔ 使い方:「主語」+「have/had」+「人(所有格)」+「動詞」

・I had my friend take me to the airport.(友達に空港へ連れてってもらいました。)
・Please have your boss email me the documents.(上司に資料をメールしてもらうようお願いします。)
・I’ll have Megan revise your essay.(メーガンさんにあなたのエッセーを訂正してもらいます。)

2) Make someone do something
→「〜させる」

人に何かをさせたり、やらせたりすることを表すフレーズです。相手がやりたがらないことを無理矢理やらせるニュアンスがあります。例えば、宿題をやりたくない息子に強制的に宿題をさせる場合は「I made my son do his homework.」となります。

✔ 使い方:「主語」+「make/made」+「人(所有格)」+「動詞」

・The teacher made the students introduce themselves in English.(先生は生徒に英語で自己紹介させました。)
・I made my friends clean up the house.(友達に家の掃除をさせました。)
・Don’t make him drink so much. He’s a lightweight.(彼はお酒が強くないので、あまり飲ませないほうがいいですよ。)

3) Get someone to do something
→「(どうにかして/なんとかして)〜させる・〜をしてもらう」

この表現は、人に何かをしてもらう時もさせる時も両方の場面で使われますが、依頼事をする相手を説得したり騙したりするなど“どうにかして”何かをさせるニュアンスが含まれます。例えば、薬を飲みたくない子供がいたとしましょう。薬を飲んだらご褒美をあげると説得して飲ませる場合は「I got my child to take the medicine.」と表します。

✔ 使い方:「主語」+「get/got」+「人(所有格)」+「to 動詞」
✔ 動詞の前に“to”を加える必要があるので気をつけましょう。

・I got my friend to take me to the airport.(友達を説得をして、空港へ連れて行ってもらいました。)
・Steve got his co-worker to stop smoking.(スティーブさんはなんとかして同僚にタバコを止めさせました。)
・Is there anyway you can get your teacher to teach us English?(どうにかして、あなたの先生に英語を教えてもらえないですかね?)

4) Let someone do something
→「〜させることを許す」

人に許可を与えて何かをさせることを表すフレーズです。“Allow”や“Permit”と同じ意味合いを持ちますが、“let”のほうがより口語的な表現になります。例えば「自分の新車を友達に運転させた。」は「I let my friend drive my new car.」と表現します。ここでは、強制的に運転をさせたのではなく、運転することを許したニュアンスになります。

✔ 使い方:「主語」+「let」+「人(所有格)」+「動詞」

・My boss let me go home early today.(上司が私に、今日は早めの帰宅を許可しました。)
・I don’t let my kid stay out after 9 p.m.(午後9時以降は、子供達の外出を許していません。)
・I’ll let you stay at my house as long as you keep it clean.(家の中をきれいにしておけば私の家に泊まってもいいです。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  2.  ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  3. 1日目 キト ↓ バルトラ島 ↓ サンタクルス島  飛行機がバルトラ空...
  4.  小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  5. 永住権を失効させないための注意点は? 質問者:永住権保持者 取り消されるこ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る