【英会話】YOKOのLA通信第24回

淳に続いて長女の陽子が日本に行って今日で4日目になります。
彼女は出張で3週間ほど日本に滞在します。
運良く滞在先は淳が六本木、そして陽子は赤坂と割と近いのでちょっと安心です。
陽子はこれまで何度も日本に行っていますが一人で行くのは初めてのことでもあり心配していましたが、赤坂のAirBnBに滞在し、朝はランをしながら近所を探索しているようです。
淳と違い漢字があまり読めないので、洗濯機やエアーコンデションの使い方が分らないようで、FaceTimeを通して教えました。爆笑
私と陽子は朝仕事に行く途中、そして夜仕事を終えて自宅に戻る時に必ず電話で話しています。
さすがに朝は時差の関係で話せませんが、夜はいつものように電話で話しています。
LINEを通して話しますが音声も抜群で日本とアメリカで話していると言う感じは全くありません。笑

16日のEasterはそんな訳で初めてビルと二人だけで過ごしました。
毎年子供達が集まってEaster dinnerを楽しむのですが、今年は次女のあゆみもボーイフレンドの家族と一緒に過ごしましたので、私達は通常の日曜日になってしまいました。Easterと言うこともあり車の数も非常に少なく、午後から二人でbike ridingを楽しめました。
先週はビーチでしたので、今週はCity rideを楽しみました。
特に週末はNBA Play OFFの真最中ですので大好きなバスケを観ていました。
非常にのんびりとした週末で楽しかったです。

【前回の課題解答】 ★★★★

下記の文章を訳して下さい。

Billは友人のDavidに週末について話しています。

Bill: Finally we caught a break a weekend that is wide open.
やっと何も予定のない週末が取れるよ。

David: Yea, you guys have been . I don’t know if I could keep up with your schedules.
そうだよね、君らず~と忙しくしていたからね。僕が君らのようなスケジュールについて行けるかどうか分らないよ。

Bill: Right, a real rat race but we got over it so now we can have our day.
マジで、まさにメチャクチャ忙しかったからね、でも終わったからこれからは僕らの自由になるよ。

David: Oh, what might that be?
で何をするつもり?

Bill: I’m going to load up the bikes and head to beach and take a nice ride down the coast.
自転車を車に積んでビーチに行って海岸線を走るよ。

David: How fun! Enjoy yourself and you do know they have some really great places to grab a bite.
楽しそうだね!楽しめよ、それに知っていると思うけど、食事をするのにいいお店があるからさ。

Bill: Yep, we are on it.
うん、そのつもりだよ。

<宿題のポイント>
●catch a break = To get relief from some difficulty or problems.
●on the run = doing something without stopping
●keep up with = ~について行く
●rat race = 心身ともに消耗するような生活

【今回の課題】 ★★★★

下記の文章を訳して下さい。

先日ビルが体調不良の為ERに行った時の話を友人Macと話しています。

Bill: I just got my hospital bill and I thought I was going to have a heart attack. $6,000 bucks! That’s is Hwy robbery.

Mac: Don’t feel bad my car took a crap on me and to get it back on the road. It cost me three grand.

Bill: Do these people think we are made of money or something? I think I’m in the wrong business.

Mac: Right, it takes me a whole month to make that but Thank God for credit cards.

Bill: No kidding, I guess I better get back to work so I can pay off this stupid bill.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル.セニサック氏と結婚。
1985年、同氏とともにロスアンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。
以来、30年以上LAに駐在するビジネスマンから幼児まで、全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒さんのニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  2. ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...
  3. 2017年8月2日

    第51回 茶色の丘
     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  4. 穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...
  5. サッポロビール志望の動機と 入社当時の思い出 学生時代、セールスプロモーションやマーケティン...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る