イースターキーマカレー
イースターマカロニサラダ

文&写真/名波はるか(Text and photos by Haruka Nanami)

 イースター祭りに、キーマカレーとマカロニサラダはいかがでしょう? 一気にたくさん作れて、子供も大人も好きな味になっているので、パーティーメニューにも向いています。野菜がたっぷり取れるキーマカレーは、彩りも良く、パーティーを盛り上げてくれそうです。ヨーグルトを使うことで、まろやかな味になります。

 マカロニサラダは、キャベツをたっぷり使って、キャベツとマカロニの食感の違いが楽しいサラダに仕上がりました。

今日の主菜:イースターキーマカレー

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • ご飯 4人分
  • 豚ひき肉10oz
  • タマネギ1個
  • パプリカ(赤・黄)各1個
  • ズッキーニ1本
  • トマト大1個
  • ニンニク1片
  • ショウガ1片
  • サラダ油大さじ1
  • 塩コショウ適量
  • <調味料①>
  • 3.4oz
  • コンソメ1個
  • <調味料②>
  • カレー粉大さじ2.5
  • ケチャップ大さじ3
  • ソース大さじ2
  • しょうゆ大さじ1
  • 大さじ1
  • ヨーグルト大さじ2

【作り方】
❶タマネギ、パプリカ、ズッキーニ、トマトは、1cm角くらいの角切りにする。ニンニク、ショウガはみじん切りにする。
❷フライパンにサラダ油とニンニク、ショウガを入れ、中火で熱し、香りが立ってきたら豚ひき肉を入れ、フライ返しなどでなるべくほぐしながら炒める。肉に火が通り始めたら、タマネギを入れ、全体を混ぜ合わせ、次に、パプリカ、ズッキーニ、塩コショウを加えて炒める。
❸肉と野菜に火が通ったら、調味料❶を入れて、煮詰める。汁気が少なくなってきたら、調味料❷とトマトを加えて炒め合わせる。
❹カレー皿にウサギ型にご飯をよそい、周りにドライカレーを敷き詰める(ウサギの目口鼻は、ナスの皮で作る)


今日の副菜:イースターマカロニサラダ

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • マカロニ1.8oz
  • キャベツ1/4玉
  • ニンジン1/3本
  • ハム 2枚
  • 少々
  • <調味料>
  • マヨネーズ大さじ4
  • 大さじ1
  • さとう小さじ1
  • しょうゆ小さじ1
  • こしょう少々
  • <飾り用のひよこ>
  • ゆで卵1個
  • 黒ごま2粒
  • スライスチーズほんの少し
  • ニンジンマカロニサラダに入れたものを1本

【作り方】
❶キャベツを千切りに、ニンジンを細切りにして、塩もみし、しばらく置いてしんなりとしたら、水けをしっかりと絞る。ハムは半分に切り、細切りにする。
❷たっぷりのお湯に塩を入れ、マカロニを表示どおりにゆでる。マカロニをザルに上げ、水分をしっかりと切る。
❸熱いうちに、ボウルに入れ、調味料を入れてしっかりと混ぜる。
野菜とハムも加え、しっかりと混ぜ合わせ、冷めたら冷蔵庫で1時間以上冷やして味をなじませる。
❹飾りつけのひよこは、白身半分をくるりと包丁で切り込みを入れて外し、黄味を一旦取り出す。白身下の切り口をギザギザにカットし、黄味を戻す。目の部分にごま、くちばしにスライスチーズ、トサカにニンジンを乗せる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

名波はるか (Haruka Nanami)

名波はるか (Haruka Nanami)

ライタープロフィール

タレント・グラビアアイドル・女優として日本でTV、雑誌、ラジオに出演。代表作に人気漫画の実写化作品の主人公を演じた「まいっちんぐマチコ先生」。現在は日本とロサンゼルスを行き来しながら、料理研究家としても活動中。著書(電子書籍)に「名波はるかの彼のお家で作るお泊まりレシピ」と「魔性の身体を2週間で手に入れる! 糖質制限レシピ」がある。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...
  2. 頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...
  3.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  4. 前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  5.  成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る