ネイティブの日常会話での「Grab」の使われ方

日本の方にはちょっと以外かもしれませんが、”Grab”はネイティブの日常会話で頻繁に使われる単語です。辞書を引くと「掴む」となっていますが、実際の会話では幅広い使われ方をします。”Grab”を口語的な表現として上手に使いこなせば、よりネイティブっぽくナチュラルな表現ができます。


1) Grab something
→「(何か)を取る」

✔ 日常会話では “Get” の代わりに “Grab” が使われることがよくあります。例えば、友達に「テーブルの上にある携帯を取ってくれますか?」を “Can you grab my cell on the table?” と表すと、とてもナチュラルになります。

・Can you grab me that book?(あの本取ってくれますか?)
・Do you want me to grab that for you?(あれ取ってあげましょうか?)
・Can you grab the salad out of the fridge?(冷蔵庫からサラダを取り出してくれますか?)

2) (Go and) Grab someone
→「(誰か)を呼ぶ/連れて来る」

“Grab” は “Call” に置き換えて使う事もでき、誰かを「呼ぶ」や「連れて来る」といった意味としても使えます。この場合の “Call” は電話をかけて相手を呼ぶのではなく、周辺にいる人に声をかけて呼ぶニュアンスになります。例えば、部長が部下に「山田さんを呼んできてくれ」と言う場合は “Can you grab Mr. Yamada?” になります。その他、「人の注目を引く」という意味でも使われます。

✔ 会話では誰かを呼ぶことを “Go grab someone” のように、”grab” の前に “Go” を加えるのが一般的です。正しく言えば、”Go and grab” ですが会話では “and” を省いて表現することが多いです。

・Can you go grab Mike? He’s upstairs.(マイクさんを呼んでくれますか?二階にいます)
・I’ll go and grab her right now.(只今、彼女を呼びに行きます)
・His halloween costume grabbed everyone’s attention.(彼のハロウィーン衣装はみんなの注目を引きました)

3) Grab food/drinks
→「食事をする/飲みに行く」

会話のなかで食事や飲みに誘う時に頻繁に使われる定番フレーズの1つに “Let’s grab _____”があります。食事に誘う場合は “food” の代わりに具体的に “breakfast / lunch / dinner” を使いましょう。飲みに行くときは “drinks” だけで通じます。

✔ 「ランチ食べに行きましょう」 → ”Let’s grab lunch.”
✔ 「飲みに行きましょう」 → ”Let’s grab some drinks.”
✔ 軽い食事または食事を早く済ませることを “Grab a bite” と表します。

・Let’s grab dinner after work tonight.(今夜、仕事の後に食事に行きましょう)
・Do you want to grab some drinks tonight?(今夜、飲みに行きませんか?)
・I’m going to go grab a bite. I’ll be right back.(軽い食事をしてきます。すぐに戻ってきます)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2017年4月2日

    第102回 犬ビジネス
     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  2.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  3. 20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  4. JRグループは観光目的で日本を訪れる外国人旅行者が、日本中を鉄道で旅行できる「ジャ...
  5. アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る