Vol.007:アメリカでビジネスを買う!(企業売買:M&A)

日本企業がアメリカにビジネス進出をする場合、想定通りに行くことはまずありません。
「えー!?」という感じのカルチャーショックを2、3回は必ず経験するはずです。笑

例えば、

・多義にわたる許認可取得・手続き(文化の違い、言語の壁に戸惑います)
・工事、施工、リフォームなど日程の遅れ(ほぼ間違いなく遅れます、常識範囲が違います)
・人材関連、就労ビザ関連の手続き(コントロール不可なことがあります)

など、その後ビジネスをスタートした後は訴訟問題など、、、、
と、悪い面ばかりにフォーカスしても仕方ありませんが、想定しておいて損はないはずですよね。(もちろん良い面もたくさんあるので、どんどんアメリカに進出して欲しいんです!)

そこで、企業売買(M&A)を一度検討してみるのも良いと思います。

ゼロから立ち上げるよりも既に存在する同じ業種の会社をライセンスごと一緒に買収(譲受)することでリスクや時間や経費の削減に繋がるからです。人材面の問題が解消される場合もあります。

少し前までは、M&A と聞くと大企業が合併するなどのイメージが強かったですが、最近では、IT系のベンチャー企業などの売買の話をよく耳にしたり、レストランなんかもお手頃なプライス&早いスパンで売買が行われていきます。スタートアップ当初から会社の売却を前提に事業を始める方も多くなっているようですね。

例えば、カリフォルニア州の売却案件として下記の様なビジネスがあります。
(2017年2月現在、某M&Aアドバイザー提供)

Sushi Restaurant / Izakaya in Ventura, CA : $70,000
Massage and Day Spa in South Bay, CA:$125,000
FROZEN FRUIT BARS (Ice Candy) MANUFACTURING:$495,000
Famous French Cafe & Restaurant in Culver City: $995,000 (Gross Sales : $2,015,000)
Sushi and Sports Bar in South Bay, CA:$280,000 + Inventory
Major International Airlines Concolidator (格安航空券卸):$4,000,000
Auto Dealership:$1,200,000
Seafood Smoke House:$670,000
Import and Distribution business (electrical appliances): $4,250,000
Wholesale German Auto Parts Distributor:$2,000,000
Meat Wholesaling in Northern CA: $-Make an Offer (25MM Revenue、在庫、土地、建物別売り ”Best Offer” )

売却の理由としては、引退、後継者不足、転業、離婚、パ-トナ-シップの崩壊などがあるようですが、最近増えているのはとてもポジティブで、他に本命ビジネスを運営しながら伸びそうなビジネスを育て、それを売って資金を得ることで更に大きく本命ビジネスに注力したり、別のビジネスを開始していくというものです。

もちろん全ての売買案件がすんなり成立に至るわけではありませんが、M&Aもオプションの一つとして海外進出を検討してみてはいかがでしょうか?

詳細を知りたい方は、コメント欄か直接E-Mailにてご連絡ください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

ライタープロフィール

カリフォルニア州レドンドビーチ在住。愛知県豊田市生まれ。21歳で渡米後、レストランでアルバイトをしながら、バンド活動とサーフィンに没頭。メディア運営に興味を持ち始め、ビジネスの世界へ。
全米最大級の日系オンラインメディア運営会社にて、広告販売を中心とした営業部の立ち上げ、新規エリア開拓、マーケティング戦略・イベント企画の立案、遂行など、営業/販売サイドの統括責任者として実績を残す。11年連続売上増に貢献した後退社。2016年1月、米国法人 Zero-Hachi Rock, Inc.を設立。ロサンゼルスを中心に、起業支援、日系企業のセールス/マーケティング支援、日本企業のアメリカ進出支援を主な事業として活躍中!

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  2.  「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...
  3. クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。
  4. アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  5. 東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る