第3回 「全米一長いバイクトレイル」
ミズーリ州

文&写真/小野アムスデン道子(Text and photos by Michiko Ono Amsden)

ゆったりと流れるミズーリ川の横を走ってみる。
Photo © Michiko Ono Amsden

まずはミズーリ州最高峰を制覇

広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かないのでは? こんなところがあったのかという旅先をアウトドアスポットを中心に紹介していくシリーズの第3回は、アメリカ中西部のミズーリ州。第2回のアーカンソー州からミズ―リ州にかけては、緑豊かな山地を含むオザーク高原が広がっている。

このオザーク高原にあるタウム・ソーク・マウンテン州立公園は、7500エーカーもの広さを誇り、数々のトレイルにチャレンジできる。上級者には、隣のジャンソンズ・シャッティン州立公園まで歩く10時間(13マイル)のコースや、果てはア―カンソー州まで続くオザークトレイルなどハードなコースも。ミナ・ソーク滝までのトレイルは3マイルと歩きやすく、かつミズーリ州で最高峰のタムソーク山を制覇することができる。と言ってもタムソーク山の山頂は標高540mで高尾山より低いぐらいなのだが、ちゃんとここが山頂という標示があるので、州最高峰を制覇したというちょっとした達成感を味わえる。15億年前の地層という岩場の道は、かなりデコボコで、2時間半のコースでくたくたになるほどなので、舐めてかかるとたいへん。山歩きに適したシューズで歩くことをおすすめする。

長いコースを歩くのにきちんと装備したハイカーとすれ違う
Photo © Michiko Ono Amsden

どこまでも続きそうな
バイクトレイルを行く

全米一長いミシシッピ川沿いにあるミズーリ州。ミズーリ川というミシシッピ川に注ぐ川の流域に作られたケイティトレイルは、全長386kmとミズーリ州をほとんど横断する全米一の長さを誇るバイクトレイルだ。その東端マッケンズに近いセント・チャールズにバイクトレイルの起点としてちょうどよいバイクレンタルを併設したカフェ「バイクストップ・カフェ」がある。自転車レンタルは1時間7.5ドル、1日45ドルなので、この長いトレイルの一部を気軽に走ってみることができる。19世紀の建物が残る街並なども眺めながら川沿いを走るのはなかなか快適だ。

ここから約60km、車で45分ほどのキムズウィックという町にある「ザ・ブルー・オウル・レストラン&ベーカリー」という店のアップルパイは、クリスマスには全米一というほどの売り上げを誇る超人気商品。りんご18個を使い、これまた、たぶん全米一の高さというびっくりするほど大きいアップルパイを求めて、いつも行列ができている。創業者のマリー・ホスティラーさんが作るアップルパイは、人気女性司会者オプラ・ウィンフリーがお気に入りで取り上げたほど。ぜひ味わってみてほしい。

マリーさんが差し出したアップルパイの大きさにびっくり
Photo © Michiko Ono Amsden


■ タウム・ソーク・マウンテン州立公園
Taum Sauk Mountain State Park

https://mostateparks.com/park/taum-sauk-mountain-state-park

■ バイクストップ・カフェ
Bike Stop Café

http://www.bikestopcafes.com

■ ザ・ブルー・オウル・レストラン&ベーカリー
The Blue Owl Restaurant & Bakery

http://www.theblueowl.com*ミズーリ州セント・チャールズは、LAから約3時間半、NYから約5時間半(乗換え有り)のランバート・セントルイス国際空港から約10マイル。

取材協力 ミシシッピー・リバー・カントリーUSA https://mrcusa.jp

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

ライタープロフィール

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ。旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、翻訳多数。日本旅行作家協会会員。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る