Vol.008:ロサンゼルスのSales Tax と最低賃金が上がります!7月1日〜

2017年7月1日より、
ロサンゼルスカウンティーのSales & Use Taxが、8.75%から9.25%に変更されます。

Sales Taxは日本で言うところの消費税の位置付けですが、
スーパーで買う食料品にはかからなかったり、有形の商品ではない無形サービス(コンサルティング、弁護士、医者など)にも課税されなかったりする上に、州や郡、市によってそれぞれ別に設定された税率で課税されるのでちょっと複雑。。。

一部のCityによっては10%を超えてくるので、消費者の一人としてはちょっと憂鬱な気分になったりしますね〜。隣のオレンジカウンティーは比較的低い率を保っているので大きな買い物をする人はロサンゼルスから車を走らせてオレンジカウンンティーでお買い物して、ちょっと出費をセーブ!?なんてことも増えるかもしれませんね〜。
(自動車の場合は、買った場所ではなく登録する住所での税率適応なので要注意!)

参考:http://www.boe.ca.gov/pdf/l499.pdf

カリフォルニアの各City & CountyのSales & Use Tax Ratesはここで確認できます↓
http://www.boe.ca.gov/app/rates.aspx


そして、上記の話と関連してるのかな?
税率が上がると同時に2017年7月1日より、ロサンゼルスの最低賃金も変更がありますね。

従業員数が25人以上の企業に関しては、時給$10.50から$12.00に。
従業員数が25人以下の中小企業に関しても、時給$10.00から$10.50に上がります。
そして2021年には、それぞれ$15.00になるように段階的に上がっていきます。

一般社員にとっては朗報かと思いますが、雇用者/経営者側から見るとなかなかシビアな状況になっていく様にも感じますね。しかし、全体的に物価も上がるので当然といえば当然でしょうか。解釈の違いですが、少なくとも状況を知っておくことと気持ちの準備は必要ですね。

Paid Sick Leave(病欠有給休暇)に関しても、
従業員25人以下の雇用者にも、年間48時間の有給病気休暇手当が義務付けられるとのこと。

詳細はこちらを参照ください。
County of Los Angeles Minimum Wage Ordinance

City of Los Angeles Minimum Wage, Paid Sick Leave
日本語版

以上、大小問わず経営陣の皆様にとって知っておくべき情報の共有でした。

弊社は、労務関連の専門会社ではありませんが
アメリカで起業、会社設立、企業進出などのご相談は、コメント欄か直接E-Mailにてご連絡ください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

ライタープロフィール

カリフォルニア州レドンドビーチ在住。愛知県豊田市生まれ。21歳で渡米後、レストランでアルバイトをしながら、バンド活動とサーフィンに没頭。メディア運営に興味を持ち始め、ビジネスの世界へ。
全米最大級の日系オンラインメディア運営会社にて、広告販売を中心とした営業部の立ち上げ、新規エリア開拓、マーケティング戦略・イベント企画の立案、遂行など、営業/販売サイドの統括責任者として実績を残す。11年連続売上増に貢献した後退社。2016年1月、米国法人 Zero-Hachi Rock, Inc.を設立。ロサンゼルスを中心に、起業支援、日系企業のセールス/マーケティング支援、日本企業のアメリカ進出支援を主な事業として活躍中!

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...
  2. 旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...
  3. クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。
  4. 六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  5. 今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る