ビジネスの強い味方 Microsoftが提供する4サービスの新たな機能

Microsoftが提供するクラウドサービスに、ビジネスの強力な味方となる新たな機能が搭載される。新機能が追加されたのは、Office 365、Microsoft Teams、Windows 10 Creators、Microsoft Dynamics 365の4つのサービス。ビジネスシーンにおけるより迅速な対応や、社内や顧客とのコネクションの強化などが期待できる。

Office 365 Updateは、聴覚障害者や他言語ユーザーのためにPowerPoint使用時に字幕を表示する機能や、WordやOutlookにおいて専門用語などにも対応した より精度の高い校正機能など、計4つの新たな機能を搭載する。

チャットツールであるMicrosoft Teamsは、WordやExcel、PowerPoint、SharePointといったさまざまなアプリケーションとのスムーズな連携やSkypeとの連携のほか、データの暗号化などのセキュリティー面にも対応。

Windows 10 Creators Updateは、ドキュメントやペイントにおいて3Dオブジェクトの制作を可能にするといったクリエイティブ機能を拡充した。そのほか、デバイス間でのコピー&ペイストを可能にするなど、機能の簡素化を実現。

さらに、昨秋リリースされた販売宣伝に特化したクラウドソリューション、 Microsoft Dynamics 365は、今夏、中・小規模のビジネス向けに新たなアプリケーションを公開する。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る