「Another」と「Other」の違いと使い分け

今日は多くの人が間違えがちな「another」と「other」の使い分けについてご紹介します。両方とも直訳は「他の」や「別の」となり、日本語では使い分けがされないため混乱しがちかと思いますが、一度ルールを覚えてしまえば意外と簡単に区別できます。


「Another」の使い方

1) Another
→「もう1つの・もう1人の」

“Another”は元々“An”と“Other”を組み合わせた単語で、単数形と合わせて使われます。意味は「もう1つの・もう1人の」になりますが、そこには「追加で」といったニュアンスが含まれます。例えば、既に車を持っているが、新たにもう一台購入した場合は「I bought another car.」になります。

✔︎「Another」+「単数名詞(数えられる名詞)」
✔︎複数名詞(数えられない名詞)に対して「もう1つ」を表す場合、“Another”の代わりに“More”が使われる。
✔︎会話の流れから、聞き手が何について話しているのか把握している場合は単数名詞を“One”に置き換えることができる。

・Steve and Lisa are having another baby.(スティーブさんとリサさんはもう一人の子供ができました。)
・Would you like some more water?(お水のお代わりはいかがですか?)
・This cookie is delicious. Can I eat another one?(このクッキーおいしいね。もう一個食べてもいい?)

2) Another
→「別の・他の」

“Another”は「別の〜」や「他の〜」の意味としても使われます。ポイントは単数名詞がフォローすることです。例えば、「また別の日に会いましょう」と言う場合は「Let’s meet another day.」になります。

✔︎「Another」+「数字」+「複数名詞」のように、複数名詞の前に数字または“few”や“couple of”などが入る場合は、“Another”を複数名詞と組み合わせて使える。

・You should go to another school.(別の学校へ行ったほうがいいですよ。)
・Let’s try another restaurant.(他のレストランに行っていみましょう。)
・It’s going to take another two (couple of) weeks.(もう2週間かかります。)

「Other」の使い方

1) Other
→「別の・他の」

“Other”は「別の」や「他の」を意味し、基本的に名詞が複数形の時に使われます。例えば、英語の先生に「他の学校でも教えているんですか?」と尋ねる場合は「Do you teach at other schools?」のように、“schools”が複数名詞になります。

✔︎「Other」+「複数名詞」

・We have other colors if you want.(もしよければ、他の色もありますが。)
・Are any other shirts on sale?(他にセールのシャツはありますか?)
・Do you have any other questions?(その他に、質問はありますか?)

2) The other
→「残りの1つ・残りの全て」

“Other”の前に“The”を付け加えることで、名詞が単数形の場合は「2つのうちの1つ」、名詞が複数形の場合は「残り全て」を表します。例えば、机の上に瓶ビールが2本あり、ビールがまだ残っているか聞かれ、「1本は空だけど、もう片一方は満タンです。」と返答するには「This bottle is empty but the other bottle is full.」と言います。もし瓶ビールが5本あり、「この瓶は満タンですが、残りは全て空っぽです。」と伝える場合は「This bottle is full but the other bottles are empty」という具合いに単数名詞と複数名詞を使い分けます。

✔︎会話の流れから、聞き手が何について話しているのか把握している時は、単数名詞を“One”、複数名詞を“Ones”に置き換えることができる。
✔︎「The other day」は「この前」「先日」を意味する。

・I like the other design better.(私はもう一方のデザインのほうが好きです。)
・Where are the other books?(残りの本はどこにあるんですか?)
・That jacket is too big for you. I think the other one looks better.(そのジャケットは大き過ぎです。もう1つのジャケットの方が似合っていると思います。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る