鮭のちゃんちゃん焼き
うどんdeみたらし団子

文&写真/名波はるか(Text and photos by Haruka Nanami)

まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼きを。味噌とバターの濃厚な味付けで、野菜がたくさん食べられます。ご飯も進む1品です。

デザートには、簡単にできてしまう、みたらし団子を。団子を粉から作るのは面倒ですが、ゆでうどんで作るので、とっても簡単! 焼き団子にしたい場合は、フライパンで焼いてもOKです。しょうゆの香りが香ばしいみたらし餡も、レンジで簡単にできます。

今日の主菜:鮭のちゃんちゃん焼き

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • 4切れ
  • キャベツ1/4玉
  • ニンジン1/2本
  • タマネギ1/2個
  • シメジ1株
  • モヤシ1/2袋
  • サラダ油大さじ1
  • ごま油大さじ1
  • バター1oz
  • <調味料>
  • 味噌大さじ3
  • みりん大さじ2
  • 砂糖大さじ2
  • 大さじ2
  • しょうゆ小さじ1

【作り方】
❶キャベツはひと口大に切る。ニンジン、タマネギは薄切りにし、シメジは石づきを取り除く。鮭は軽く塩を振っておく。調味料を混ぜ合わせておく。
❷フライパンにサラダ油をしき、中火で皮目から鮭を焼く。焼き色がついたら、フライ返しで返し、裏面も焼く。
❸鮭を一旦、皿に取り出し、フライパンにごま油を入れて、中火にかけ、野菜を入れて炒める。野菜がしんなりしたら、鮭を野菜の上に乗せ、調味料を回し入れ、蓋をして弱火で10分、蒸し焼きにする。最後にバターを入れる。


今日のデザート:うどんdeみたらし団子

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • ゆでうどん1袋(約200~250g)
  • オリーブオイル適量
  • <みたらし餡材料>
  • しょうゆ大さじ3
  • 砂糖大さじ4
  • 大さじ4
  • 片栗粉大さじ1

【作り方】
❶うどんは袋に入ったゆでうどんなら、そのまま袋から出さずに麺の形がなくなるまで、つぶす。袋に入っていないものは、ビニール袋に入れて、ぐちゃぐちゃになるまでつぶす。
❷手にオリーブオイルをつけ、つぶしたうどんを直径約2cmに丸める。鍋に湯を沸かし、丸めたうどんをゆでる。ボウルに氷水を入れておく。4~5分で浮かんできたら、ザルに上げ、氷水で冷やす。
❸みたらし餡の材料をすべて耐熱皿に入れ、レンジで40秒加熱する。とろみが足りない場合は、追加で加熱。
❹団子を皿に入れ、みたらし餡をかける。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

名波はるか (Haruka Nanami)

名波はるか (Haruka Nanami)

ライタープロフィール

タレント・グラビアアイドル・女優として日本でTV、雑誌、ラジオに出演。代表作に人気漫画の実写化作品の主人公を演じた「まいっちんぐマチコ先生」。現在は日本とロサンゼルスを行き来しながら、料理研究家としても活動中。著書(電子書籍)に「名波はるかの彼のお家で作るお泊まりレシピ」と「魔性の身体を2週間で手に入れる! 糖質制限レシピ」がある。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る