【英会話】YOKOのLA通信第43回

読者のみなさん、こんにちは。
日に日に秋が感じられるようになりましたね。
アメリカのカレンダーには9月22日はAutumn beginsと書かれています。
日本は秋分の日になりますね。
今ちょっと調べてみたら、なんと9月23日以外の日が秋分の日になるのは1979年以来、実に33年ぶりになるそうです。
日本の秋分の日はいままで9月23日でしたよね。この日は昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですね。
夏とは違いちょっと落ち着いた季節に入りますね。
夜も暗くなるのが早くなり、仕事が終わると何となく早く家に帰りたくなるようなそんな季節になりました。

去年の7月から継続している朝ランでも感じますが、先週までタンクトップで走っていたのですが、今週からは長袖を着て走るようになりました。
また夜ランでも既に午後7時半には真っ暗になっていて、ちょっと淋しい感じがします。

東京に行くまで一ヶ月を切ってしまいました。
先日私の友人が5日間の予定で東京に行っていましたが、彼女曰く、その5日間の間にミサイルは飛んでくる、地震は起こるそして帰る日に台風まできた。と言っていました。

淳がYoutubeから届いた100,000人達成のシルバーの盾とBYBアーバイン校ベストスクールに選ばれた盾

BYBトーレンス2年連続でBest language schoolに選ばれた時に貰った贈り物

【前回の課題解答】★★★★

今回は少し趣向を変え、短いストーリーが2つです。

Story 1
Fred は同僚のJohnと彼の転勤の話をしています。

Fred: What’s this I hear about your being transferred.
転勤するって聞いたけど、どうなっているの。
John: I’ve been trying to put it off but my visa is going to expire soon.
引き延ばそうと(うまくやろうと)頑張ったんだけど、ビザが切れるんだよ。
Fred: Well, from now on you had better make the best of it.
じゃ、これからは残りの期間を最大限に利用しないとね。
John: Believe me I’m going to take advantage of everything. In fact I think I’m going to use up some of that vacation time.
もちろん、全て 最大限に利用するつもりだよ。それに有給休暇も使い切ってしまうと思っているんだ。

Story 2
BillとBobは同僚と接待の話をしています。

Bill: Recently I have had a ton of guests from Japan and it’s killing me. You know the routine, don’t you?
最近凄く多くのゲストが日本から来ていて、本当にイライラするよ。ゲストが来た時にやることって知っているだろう?
Bob: I sure do but our hands are tied and it goes with the territory.
もちろん、でもどうしょうもないよ、これも仕事のうちだからね。
Bill: Let’s face it you love this kind of thing. I mean you are really cut out for this kind of job.
正直なとこ、君はこの手の仕事が好きなんだろう、君はこのような仕事に向いているよ。
Bob: Perhaps you are right and I’m sure I’ll end up doing again in the near future.
たぶん君の言うとおりだろうね、近いうちにまた同じようなことをするだろうから。

<宿題のポイント>
Story 1:
●What’s this I hear about your being transferred
= 転勤するって聞いたけど、どうなっているの。
●put it off =うまくやる/ 引き延ばす
●from now on = 今から、これから
●make the best of it = ~を最大限に活用する
●take advantage of = ~を上手く利用する。
●use up = 使い切る
Story 2:
●it’s killing me = 耐えられない,イライラする
●our hands are tied = Can’t be helped
●it goes with the territory = it is a part of our job
●Let’s face it = let’s be honest
●end up+ ~ing = 結局は~することになる。

【今回の課題】★★★★★

下記の文章を訳して下さい。

Billは友人Ronに忙しかった1週間の出来事を話しています。

Bill: I’ve been on the go for a week and I’m seriously running on fumes.
Ron: What brought this about because usually you march to your own drum.
Bill: Right, but I had to set up 14 stores and not to mention pull all of this off in just two days.
Ron: Didn’t I hear you say you also had a party last night?
Bill: Yeah we did. We had a big family thing that just happened to be back to back with my trip.
Ron: Well, it’s water under the bridge now, so you get back to your usual self next week.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル.セニサック氏と結婚。
1985年、同氏とともにロスアンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。
以来、30年以上LAに駐在するビジネスマンから幼児まで、全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒さんのニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る