【英会話】YOKOのLA通信第45回

腰痛後にチームと撮った写真

読者の皆さん、こんにちは。

私の腰痛は回復しました。
一時はどうなるかと思って心配していましたが、朝夕にしっかり行なったストレッチと、いつもお世話になっている指圧に行って以来、だんだんいい感じになってきました。
と言う訳で、朝ランは先週の金曜日からスタート。
昨晩は久しぶりにチームと走ることが出来ました。
本当に嬉しかったです。
日本に行くまでには治さないと大変なことになりますので今回は無理をしないで様子を見ながらの日々を送っていました。

読者の皆さんも、ラスベガスでの銃乱射事件のことは既にご存知だと思いますが、あの乱射事件が行なわれた場所は、私達が毎年参加するラスベガスマラソンでの集合場所なのです。
毎年、有名なバンドによるコンサートがランナーの為に開催されることもあり、マラソンが始まる前から賑わっています。
今年は、この事件が起こる前から私はラスベガスマラソンをキャンセルしていましたので、多分今年はチームでの参加はありません。
ただ、日本から戻って10日後にビルと一緒にラスベガスに行くことになっています。
ビルの仕事で行くのですが、どんな様子なのか気になります。
この銃乱射事件はアメリカ歴史上最悪だと言われて59名死亡、負傷者は527名と報道されています。
私が住んでいるサウスベイ地区からも多くの人達がその日にはラスベガスに行っていました。
毎日の報道で知らされるニュースを見るたびに心が痛くなります。

最新ニュースです。
http://abcnews.go.com/US/las-vegas-shooting-death-toll-rises-59-apparent/story?id=50223240

【今週のワンシーン】
日中にビーチランしたあとの写真

【前回の課題解答】★★★★

YokoはBYBの講師Bethに腰痛について話しています。

Beth: What the heck happened to you. You are walking like an old woman.
一体どうしたの? おばあちゃんのように歩いているよ。

Yoko: It’s the strangest thing because I just sat down and the next thing you know my lower back is completely out of wack.
とても不思議なんだけど、ただ座っただけなのよ、そうしたら私の腰が完全におかしくなってしまって。

Beth: Well, I hope you get back on your feet again soon because those back type of things are no joke.
すぐに早く回復すればいいわね、腰の痛みは冗談ではないからね。

Yoko: You and me both. I’m supposed to run with my team this weekend but at this point I don’t know.
お互いにね。今週末チームと走ることになっているけど今の時点では走れるかどうかも分らないわ。

Beth: Don’t over do it because that will make the situation worse.
やり過ぎはだめよ。もっとひどい状態になってしまうから。

Yoko: I know. I was so looking forward for this race, you know. But I’m for sure taking my time.
分かっているわ、このレース凄く楽しみにしていたのよ。でもゆっくりするつもりだから。

<宿題のポイント>
●out of wack = something is not normal
●get back on your feet = recover
●no joke = 冗談ではない、大変なこと
●over do = do things too much

【今回の課題】★★★★

下記の文章を訳して下さい。

Billと Yokoは先日起こったべガス銃乱射事件について話しています。

Bill: No one in their wildest imagination could believe this type of situation would happen in Vegas.

Yoko: What a nightmare that was! Just think you are hanging out enjoying a Concert and suddenly someone just goes wild shooting everyone.

Bill: Right, people were dropping like flies and running all around not sure where to go.

Yoko: What do you think triggered the gunman? He wasn’t a terrorist or nothing.

Bill: I have no clue but he certainly was mad at the world.

Yoko: What kind of place do we live in nowadays? You can’t go anywhere without looking over your shoulders.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル.セニサック氏と結婚。
1985年、同氏とともにロスアンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。
以来、30年以上LAに駐在するビジネスマンから幼児まで、全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒さんのニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る