簡単&便利フレーズ「Just because」

皆さん「Just because」というフレーズを聞いたことがありますか?意味や用法だけなら知っている方も多いかもしれませんが、会話のなかで使いこなせている人は少ないのでは?用法はとても簡単でネイティブもよく口にするフレーズなので、ぜひマスターしておきましょう!


1) Just because _____, doesn’t mean _____
→「〜だからといって〜とは限らない」

「Just because “A”, doesn’t mean “B”」と言うことで、「”A”という事実があるからといって”B”ということが事実とはならない」といった意味になります。一般的に、何かに対する勝手な思い込みや決めつけを否定する状況で使われます。例えば、「Just because it’s a fancy restaurant, doesn’t mean the food is good.(高級なレストランだからといって、美味しいとは限らない)」、「Just because he’s poor, doesn’t mean he’s unhappy.(貧乏だからといって、不幸だとは限らない)」のように言うことができます。

✔︎必ずしもdoesn’t meanのパターンにする必要はない。例えば、「Just because he’s older than me, he thinks he can boss me around.(年上ってことだけで、彼は私をこき使ってもいいと思っている)」のような使い方もできる。

・Just because he’s half American, doesn’t mean that he can speak English.(ハーフだからといって英語が話せるわけではないよ。)
・Just because that’s what it says on Google, doesn’t mean it’s true.(グーグルにそう書いてあるからといって、その情報が正しいとは限らないよ。)
・Just because he goes to the University of Tokyo, he thinks he’s better than us.(彼は東大生ってだけで、私たちより優れていると思っている。)

2) Just because
→「ただ何となく」

何か質問をされた際に「いや、何となくね」と返答する場合にも「Just because」がよく使われ、使い方によって良い響きにも悪い響きにも聞こえます。例えば、記念日でも誕生日でもないごく平凡な日に彼女にプレゼントをして、彼女に「Why did you buy this?(何でこれ買ったの?)」と聞かれ、「Just because.(ただ何となく)」といった使い方もあれば、学校の教師が「Why did you skip class?(なんで授業をサボったんだ?」と生徒に問い詰めた際に、理由を説明するのが面倒くさいといった(反抗)意思を示しながら生徒が「I don’t know. Just because.(別に)」といった使い方もあります。因みに、この教師と生徒のやり取りは定番です。(笑)

✔︎この表現は会話で使われるインフォーマルな言い方。
✔︎「I don’t know. Just because.」は定番の組み合わせ。

〜会話例1〜
A: Why did you get me these flowers?(なんでこの花を買ってくれたの?)
B: I don’t know. Just because. I thought you might like them.(ただ何となく。気にいるかなと思って。)
〜会話例2〜
A: Why are you studying English all of a sudden?(なんで急に英語の勉強を始めたの?)
B: I don’t know. Just because.(いや、ただ何となく。)
〜会話例3〜
A: How come you quit baseball? I thought you wanted to play in college.(なんで野球やめたの?大学で野球がしたかったんじゃないの?)
B: I don’t know. Just because.(いや、別に。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る