一生に一度は泊まりたい
アメリカのホテル7

Photo © The Palmer House Hilton Hotel

妻への贈り物としてオープン
商業都市シカゴの社交場

The Palmer House Hilton Hotel
Chicago, IL
www.palmerhousehiltonhotel.com

シカゴの実業家として一目置かれる存在だったポッター・パーマーは、知り合いの紹介で、野心に溢れた23歳年下の女性、バーサ・ヒルトン・オノーレに出会った。瞬く間に恋に落ちた二人は婚約、さらにパーマーは世界最高額ともいえるほどのプレゼントを花嫁に贈った。それは彼が創業したホテル、ザ・パーマー・ハウスだった。しかし、1871年のグランドオープンからわずか13日後、ザ・パーマー・ハウスはシカゴ大火災が原因で焼失してしまう。パーマーはすぐに再建に着手、1873年11月に無事、再度のオープンを果たした。

この広大なロビーにオスカー・ワイルドがいたことがあるかもしれない
Photo © The Palmer House Hilton Hotel

20世紀に入ると、パーマー・ハウスはシカゴの超一流ホテルとして国内外に名を馳せるようになり、歴代のアメリカ大統領をはじめ、作家のチャールズ・ディケンズやオスカー・ワイルドら多くのVIPの定宿となった。1933年にはゴールデンエンパイヤ・ダイニングルームがライブ施設に改装され、フランク・シナトラ、ジュディ・ガーランド、エラ・フィッツジェラルドもここでコンサートを開催した。

ホテル内にはヨーロッパの絵画も多数展示されている。これは創業者夫人のバーサがクロード・モネなどの印象派絵画におけるフランス国外最大のコレクターだったことに起因している。また、ブラウニーを最初に作ったのが、このホテルのシェフだった。1892年、バーサのリクエストで、今ではアメリカの代表格となったデザートが誕生したといわれている。

Photo © The Palmer House Hilton Hotel

1 2

3

4 5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る