HOWDY!!!

文/山田由美(Text by Yumi Yamada)(テキサス州)

HOWDY!!!

皆様、明けましておめでとうございます。今年もダラスから最新の不動産情報や投資情報をお知らせして行きたいと思っていますので、宜しくお願い致します。知りたい情報があれば、皆様からも是非ご連絡下さい。
さて、2017年のクリスマスでは楽しいパーティーに参加したり、友人・職場の同僚や家族にプレゼントを贈りあいましたか? ダラスに関しては2015年以来ずっと景気が上向きなのか、昨年は色々な所からパーティーのお誘いがありました。その中には新築物件のオープンハウスを兼ねた年末のパーティーや今年グランドオープンしたアパートのクリスマスのリアルターパーティーもありました。もちろん、会社のパーティーもあり、盛り沢山の12月でした。

おっと、遊んでいるだけではありませんよ。ちゃんと仕事もかなりの数でこなしています。

通常12月に入るとマーケットがスローになる為、賃貸に限らず売買も動きがなくなります。しかし昨年末は12月に赴任される方も多く、投資家の方が昨年度末に向けての購入をする等をしていましたので、2017年12月の週末は殆ど休まず仕事をしていました。2018年はどうなるのか楽しみです。

昨年のHOWDYでも書いたのですが、2017年のダラスは秋の始まりが早く、かなり涼しくなった後、快適な秋が続いていました。その後11月中旬過ぎから急に温かくなり20℃前後となっていたにも関わらず、何と12月の中旬を過ぎたあたりから劇的に寒くなりました。早朝は1桁それも0℃近く、午後には何とか気温は上がっているのですが、一日を通じてかなり寒い感じです。年末年始は危うく氷点下になりそうでした。その上、雨が何日かかなりの量で降り、気温が寒い上に雨が降ると余計寒く感じてしまいます。ただ、12月に降る雨は翌年の4月にBluebonnetと言う州花がきれいに咲く為には必要な雨です。それでもここまで寒いと家族として一緒に暮らしているとは言え、ペットの犬のトイレは誰が行くか、もちろん散歩だけではなく、寒い時に庭に出す際にも結構大問題になります。

そうなんです。今年は私の大好きな戌年です。アメリカ人の大半はペットを飼っている方がかなり多くいらっしゃいます。もちろんアパートに住んでいる方の中にもペットとして犬・猫・爬虫類・金魚等を買っている方は多いです。

猫(室内にトイレ設置可能)や爬虫類・金魚と違い、犬は定期的に外にトイレを済ませに出ていかなくてはなりません。でも朝出勤してから帰宅迄(通勤時間を入れると大体10時間以上)、犬を散歩に出せないオーナーさんが多くいます。

そこでそんなオーナーさんの救い主がペットシッターさんになります。此処の所、アップタウンの人気のあるアパートはペットシッターさんと契約していて、身元が保証出来るペットシッターさんが皆さんのワンちゃんをお預かりして散歩をさせてくれて、その上おトイレも済ませておいてくれます。

ペットシッターさんがオンサイトで同じアパートに住んでいる場合もありますが、近所のアパートを掛け持ちで請け負っているケースもあります。どちらの場合も決まった時間にワンちゃんを連れて出してくれるので、毎日ドッグズ・デー・ケアに預けるよりも時間が節約出来ます。

郊外の一軒家に住んでいて通勤途中に預けられなければ、アップタウンの方達がドッグズ・デー・ケアに預けるのは難しいですが、ドッグシッターさんがいれば安心です。

もし皆さんがダラスに移ってこようと思っていて、アップタウンに住んでみたいと思っているのであれば、一度ご相談下さい。信頼できるドッグシッターさんのいるアパートをご紹介します。

ちなみに私が冒頭でHOWDYと書いたのはテキサン(テキサス地元民)が言うHello, もしくはHow do you do ?のテキサス訛りです。How are you ?はHow are yo(ヨー)?と発音します。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

山田由美 (Yumi Yamada)

山田由美 (Yumi Yamada)

ライタープロフィール

テキサス州ダラスの不動産エージェント。ダラス地区不動産に関する賃貸、売買をはじめ、商業物件、事務所、不動産投資まで幅広くサポート。リフォームや不動産管理も手がけ、ダラスの不動産事情に通じている。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る