相手のオファーに乗り気で応じるなら

相手の提案に大いに賛成する時や、何かしらの誘いを快く受け入れる時に、ネイティブが「I’m up for it」や「I’m down」などと言っていることを耳にしたことがありせんか? このように「大賛成」を意味する英表現は、山のようにあるのですが、今日は「I’m up for it」と「I’m down」の2つの表現について触れてみようと思います。ネイティブの日常会話では頻繁に口にする表現なので、それぞれの意味と用法をしっかり身につけておきましょう!


1) I’m up for it/that!
→「〜しましょう / やりましょう / 行きましょう!」

何かしらの提案や誘いなど、相手の申し入れに対して、「いいね!」や「是非やりましょう!」のように肯定的な返事をする時によく使われる表現です。乗り気で前向きな意思表示になります。例えば、友達に「Do you want to go surfing tomorrow?(明日、サーフィン行かない?)」と聞かれたら、「I’m up for that!(いいね。行きましょう!)」という具合に使います。

✔︎「I’m not up for _____.」→「〜したくない・する気分ではない」
✔︎「Are you up for _____?」→「〜はどう?・したいですか?」
✔︎「_____, if you’re up for it. / If you’re up for it, _____」→「もし〜したい気分なら〜」

・I’m up for bungee jumping. I’ve always wanted to try it.(バンジージャンプやりたい!前からずってやってみたかったんだよね。)
・We’re going to a yakitori joint tonight if you’re up for it.(今夜、焼き鳥を食べに行くねんけど、もしよかったら一緒にどない?)
・I’m definitely not up for clubbing. I’m staying in tonight.(全然クラブへ行く気分じゃない。今夜は家にいるよ。)

2) I’m down!
→「〜しましょう / やりましょう / 行きましょう!」

この「I’m down」という言い回しは、上記の「I’m up for it/that」と意味も用法も全く同じなのですが、どちらかというとアメリカ人(特にカリフォルニア)の若者がよく使っています。例えば、「Do you want to go surfing tomorrow?」の質問に対し、カリフォルニアの若者は「I’m down, dude.(いいね。行こうぜ!)」と返事をすることが多々あります。

✔︎「I’m down to _____」→「〜をしたい・やりたい」(“for”でなく“to”なので注意)
✔︎「Are you down to _____?」→「〜はどう?・したい?」
✔︎「_____, if you’re down. / If you’re down, _____」 → 「もし〜したい気分なら〜」

・All-you-can-drink for only 1,500 yen? I’m down! Let’s get that.(飲み放題がたったの1,500円!?いいね!それにしよう!)
・I’m down to go karaoke tonight. Which one are you going to?(うん、カラオケに行きたい。どこのカラオケに行くの?)
・I’m thinking about ordering the raw chicken. Are you guys down to try it?(鳥刺しを注文しよう思ってるんやけど、みんなも食べてみーひん?)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る