アメリカで使えるスマホをオンラインで注文、配送は日米どちらにも対応するサービスが登場!

留学生、駐在員、駐在妻は必見!アメリカ渡航前に日本でスマホを手に入れることが可能になった。全米No.1通信と評判のベライゾンの回線を提供する『アメスマ』が安心の日本語対応でサービスを開始した。

いまやスマホは生活の一部、身体の一部になっている読者も多いと思う。電話機能だけでなく、インターネットでの情報収集や、LINEで友達と会話をするなど、スマホを持ってないと困ることが多くなってきた。

アメリカに赴任することが決まったビジネスマンや、新学期から渡米が決まった留学生が、日本で利用していたスマホをそのままアメリカで利用してようとしても上手く使えない場合がある。アメリカと日本では電波の種類が違うためだ。そんな時はアメリカで新たにスマホを購入することになる。

アメリカにも日本と同様に、大手の通信キャリアが存在する。ベライゾン、AT&T、T-Mobile、スプリントがアメリカでは4大通信キャリアと呼ばれている。格安サービス会社も多く事業展開しているので、予算や使用用途に合わせた選択ができるようになっている。

しかし、ここで問題になってくるのが、アメリカでは簡単に携帯サービスを契約できないという現地の事情。アメリカでは個人や法人に信用がないと契約してくれず、特に渡米間もない個人にとっては、スマホを契約することはとても大変なことになる。

アメリカで携帯サービスを契約する時に超えなければいけないハードル

アメリカの大手キャリアサービスと利用契約するときには決まって次の事を確認される。

「アメリカでの住所は既にお決まりですか?」
「アメリカの住所での電気水道ガスなどの公共料金の請求書をお持ちですか?」
「ソーシャルセキュリティーナンバーをお持ちですか?」
「十分にクレジットヒストリーをお持ちですか?」

上記の質問に全て、「はい」と回答できる方以外、スマホの契約ができないかもしれない。

 

多民族国家、移民が数多くいる国家のアメリカでは信用調査・審査がとても厳しい。大手通信キャリアのサービスを契約してもらったはいいものの、支払が遅延したり、滞ったり、最悪いつの間にか契約者が国外に移転してしまって料金徴収ができなくなったりすることが頻繁に起きるため、上記のような信用調査が非常に重要になってくる。

このようなスマホ契約時の不便さを解消するために、MM Mobile, Inc.は渡米前に、アメリカのスマホを契約できるオンラインサービス「アメスマ」を日本人のために提供している。

「アメスマ」には、通信キャリアや携帯サービス事業者が提供していない、いくつかのユニークな特長がある。

1 全米No.1の通信品質を提供

日系で唯一のVerizon Wireless一次代理店だからこそ可能な最高品質の通信回線を提供しているため、全米どこでも回線が途切れることなく通話ができる。

ベライゾンとは、
加入者数、エリアカバー率、回線品質のどれをとっても全米No.1の通信キャリアで、日本でいうドコモのような存在だ。

2 安心の日本語対応

アメリカの携帯業界で経験豊富な日本人スタッフが、最適なスマホとプランを日本語で提供している。

3 ネット注文/渡米前に日本で受け取り

注文したスマホは日本を出発する前に届けられる。またアメリカ渡航後でも受け取りが可能。いずれも送料はたったの1セントしかかからない。

4 2年契約の縛りがない

1ヶ月単位での契約なので急な帰国などでも違約金なしで解約が可能。

5 利用開始日の指定が可能

スマホは今月中に受け取りたいけど通信回線の利用開始は来月学校が(仕事が)始まってからにしたいという要望にも対応してもらえる。


こんなに特典があるアメスマだが、一番気になるのは「じゃあいったいいくらで利用できるの?」という月々の利用料金だろう。2018年1月現在、一番安いプランで$40~となっていて、日本にありがちな割高感はない。むしろ、上記のサービスで、この料金なら割安感があるくらい。そして全てにおいて日本語対応してもらえるから更に嬉しい話だ。

LINE@での問い合わせもできるようになっており、安心して渡米してもらえるよう販売からサポートまで提供している『アメスマ』。iPhoneの最新機種から、お手頃価格のエコ品(リファービッシュ品)まで取り扱い人気機種も多い。たまにiPhoneなどが仕入れ状況によって$99〜と非常に安くなる時もあり、渡米前でも、スマホのキャリア変更を検討している人が頻繁にチェックしているようだ。

■問い合わせ:MM Mobile, Inc.
https://www.americasmartphone.com/

 

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る