「There you go」の5つの用法

皆さんは「There you go」という表現を聞いたことがありますか?非常にシンプルな表現ではありますが汎用性がとても高く、日常生活において使えるシーンは多々あります。そこで今回は、最も代表的な用法5パターンをご紹介しようと思います。


1) There you go
→「はい、どうぞ」

相手からリクエストされた物や、相手が必要だと思うものを渡す時に使われる決まり文句で、日本語の「はい、どうぞ」と同様の意味を成します。特にレストランやお店などで店員さんにお金を支払う際によく使われます。

✔︎There you are、Here you are、Here you goも同じ意味合いで使われる。

〜会話例1〜
A: Your total comes out to $23.15.(お会計は$23.15になります。)
B: There you go.(はい、これで。)
〜会話例2〜
A: Can you pass me the salt?(塩取ってくれる?)
B: Here you go.(はい、どうぞ。)

2) There you go
→「それでいいよ」

人に何かを教えている時に、教えていることを適切にこなしている相手に「そうそう、それでいいよ」と励ましたり褒めたりする意味合いとして使われるパターンです。例えば、玉葱のみじん切りを子供に教えていたとしましょう。子供が「Am I doing it right?(これでいいの?)」と言って、「Yeah. There you go.(うん、それでいいよ)」と返答することで、教えたこと(みじん切り)が上手にできていると褒めているニュアンスになります。

✔︎「You are doing it right/correctly」と同じ意味。

・There you go. Now you’re getting the hang of it.(そうそう、その調子。だいぶコツをつかんできたね。)
・There you go. I told you it’s not that difficult.(それでいいよ。そんなに難しくないって言ったでしょう。)
・Yeah, there you go. You’re pronunciation is getting better!(そうそう、それっ!発音よくなっているよ!)

3) There you go
→「よくやったね」

何かを成し遂げたり成功を収めた人に「よくやったね」の意味として使われるパターンで「Good job」と同じニュアンスになります。例えば、「英検一級を合格したよ!」と友達から報告を受けたら、「There you go! Congrats!(よかったね!おめでとう!)」と言うことができます。

〜会話例1〜
A: I got accepted to Tokyo University!(東大に合格したよ!)
B: There you go! I knew you’d get in. I’m proud of you.(よかったね!あなただったら絶対に受かると思ってたよ。本当に嬉しいよ。)
〜会話例2〜
A: I finally finished my project! I thought I’d never finish.(私のプロジェクトがやっと終わったでっ!絶対に終わらへんっておもてたわ〜。)
B: There you go! Let’s go out and celebrate. I’ll take you out to dinner.(よかったやんっ!外でお祝いやな。ご飯おごったろ!)

4) There you go
→「その通り」

相手の発言に「その通り!」と同感したり同意したりする際の相槌として使われることもしばしばあり、“Exactly”と同じ意味合いになります。特に(話をわかりやすくするために)何か良い事例を挙げた相手に対して使われます。また、自分が言おうとしていたことを相手が先に言ったり、自分より明確に表現した際の「そう、それが言いたかったの」の意味として使われることもあります。

〜会話例1〜
A: Don’t pay attention to what others are saying. You have to believe in yourself.(周りの言っていることなんか気にしないで自分を信じないと。)
B: You’re right. I am where I am today because I’ve always followed my heart. I’m going to go for it!(そうだね。ここまでこれたのも、ずっと自分の心に従ってきたからだしね。やってみよう!)
A: Yeah. There you go!(そう、その通り!)

5) There you go again
→「ほら、またやった(言った)」

以前から注意しているにもかかわらず、同じ過ちを繰り返した相手に「There you go again」と言うと、日本語の「ほら、またやった(言った)」を意味し、相手の好ましくない行為にイラっとしている気持ちを示すことになります。例えば、トイレのフタを閉めるよう彼氏に何回も注意をしたとしましょう。しかし彼氏がまた閉め忘れていたら、「There you go again. I told you to put the toilet seat down!(ほら、まただ。トイレのフタを閉めてって言ったでしょう!)」と言うことができます。

✔︎「彼/彼女がまたやった(言った)」は「There he/she goes again」と言える。

・There you go again. Why do you always blame others?(ほら、また人のせいにしている。なんでいつも人のせいにするの?)
・There you go again. How many times do I have to tell you to turn off the TV if you’re not watching it?(またつけっぱなしにしてる。テレビ見ていないんだったら消して。何回言わせるの?)
・There he goes again. He loves talking about himself.(ほら、彼また自慢話してる。彼はほんと自分の話が大好きだね。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る