【英会話】YOKOのLA通信第63回

読者のみなさんこんにちは。

FBで見られた読者も多かったことと思いますが、3月12日はビルと私の35回目の結婚記念日でした。
離婚歴の高いアメリカで35年の結婚生活を続けるってある意味凄いことのようです。
ビルも私も35年も経ったような気がしないのですが、子供達をみると35年経っていることを実感します。

午前中にビルからお花がBYBに届き、ランチは娘達が素敵なレストランに招待してくれました(生憎月曜日でしたので夜のディナーは無理でしたが)。
結婚式の時に行なう誓いの言葉をわたしなりにいつも心してある意味頑張ってこられたような気がします。
誓いの言葉、FBにも書きましたが、改めて読み直すと深いですね。

Wedding Vow
I, Yoko take you, Bill to be my lawfully wedded husband,
to have and to hold from this day forward,
for better or for worse,
for richer, for poorer,
in sickness and in health,
to love and to cherish,
and I promise to be faithful to you
until death do us part.

牧師さんの前で誓いの言葉をドキドキしながらリピートしたのがまるで昨日のことのようです。
さて、先日NetflixでThe Outsiderと言う映画をみました。
この映画は1954年の大阪のやくざの話なのですが、主人公の男性はアメリカ人。映画も日本語と英語そして日本語を喋るシーンでは字幕が出ます。
もしお時間があれば観て下さい。ある意味英語の勉強にもなります。
64年も前の日本ってこんな感じだったの?と興味を持って観ることができました。そして亡くなった母が27才の時の大阪のイメージそして女性のファッション等も興味深かったです。

今週も宜しくお願いします。

[今週の写真]

ビルと私の結婚式(1983年)

ビルからのお花がBYBに届きました

娘達がランチに招待してくれました

二人で交換したカードです

【前回の課題解答】★★★

Billと友人のRobとテレビ購入についての話をしています。

Bill: I decided to go for last week so I splurged on a monster screen TV.
先週,決心して大型スクリーンテレビに大枚をはたいたよ。

Ron: I’ve been going back and fourth about doing that but it takes up a lot of space. What made you do it?
僕も購入するのにかなり迷ったよ、大型スクリーンテレビは場所をとるだろう。どうして買うことにしたの?

Bill: We are really into sports and watch like a million games a year so I decided what the heck and besides we deserve it.
僕達ってスポーツにはまっているから、年間にかなりの数のスポーツ番組をみるからね。だったら買っちゃおうって気になって。それに僕達ってそのぐらいの贅沢してもいいかなってね。

Ron: True. You guys are constantly working plus you never spend money foolishly. So I agree.
そうだよね。君たちっていつも働いているし、無駄遣いもしないし。いいと思うよ。

Bill: So how do you like it so far? Is it what you were expecting?
で、君のテレビはどう?期待通りだった?

Ron: You bet. It takes a little while to get used to it but so far it ‘s a great choice.
もちろん。慣れるのにちょっと時間がかかったけど、今のところよい選択だったと思うよ。

<宿題のポイント>
●it takes up a lot of space = 場所をとる
●We are really into sports = スポーツにはまっている

【今回の課題】★★★

下記の文章を訳して下さい。

Billと友人のRobertが結婚記念日について話しています。

Robert: Congrats on your 35th wedding anniversary. That’s a big time and you don’t hear about that too much nowadays. So what’s the secret?

Bill: There are none, it’s a lot of ups and downs in life and you just have to roll with it.

Robert: Well, you guys still look pretty happy to me. I would be lucky if I could last 6 months with someone, you know. I guess it isn’t in my cards.

Bill: That’s not true and before you know it that perfect person will come into your life like me.

Robert: When I look at you guys you are biking, going to gym, traveling and always out and about. I really hope that will be me on of these days.

Bill:It’ll hit you when you are least expected so no worries.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル.セニサック氏と結婚。
1985年、同氏とともにロスアンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。
以来、30年以上LAに駐在するビジネスマンから幼児まで、全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒さんのニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る