鶏もも肉と野菜のレンジ蒸し
キャベツとツナの和風サラダ和え

文&写真/名波はるか(Text and photos by Haruka Nanami)

今回は火を使わない主菜と副菜です。主菜のレンジ蒸しは、蒸した際に出る蒸し汁をソースに使うことで、鶏肉の旨みを余すことなく使います。オイスターソースと酢で作る、コクのあるソースです。野菜はご家庭で余っているものでも大丈夫です。

副菜は、キャベツの簡単な和え物。マヨネーズ、しょうゆ、砂糖という珍しい組み合わせですが、子どもから大人までやみつきになる味です。

今日の主菜:鶏もも肉と野菜のレンジ蒸し

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • 鶏もも肉2枚
  • カボチャ1/4個
  • スナップエンドウ12個
  • シメジ1株
  • ミニトマト6個
  • <下味調味料>
  • 大さじ2
  • 砂糖小さじ2
  • 片栗粉小さじ2
  • ショウガすりおろし1片
  • 少々
  • 大さじ4
  • <ソース調味料>
  • オイスターソース大さじ2
  • 大さじ2
  • しょうゆ大さじ1
  • ショウガすりおろし1片

【作り方】
❶鶏もも肉は余分な脂と皮を取り除き、分厚いところを観音開き(そぎ切り)にし、2㎝の厚さに切る。ポリ袋などに下味調味料と一緒に入れてもみ込み、20分置く。
❷カボチャは5㎜幅のくし形に切り、スナップエンドウは筋を取り、シメジは石づきを切り落として、小房に分ける。
❸耐熱皿に、汁気を切った鶏肉を均等に並べ、ふんわりとラップをかけて、レンジで7分(600w)加熱する。そのまま粗熱が取れるまで、5分ほど置く( 耐熱皿に残った蒸し汁と下味調味料はそれぞれ取っておく)。
❹同じく、耐熱皿にカボチャとシメジを並べ、レンジで3分、スナップエンドウは耐熱皿に並べ、小さじ1の水を振りかけて、レンジで2分。
❺耐熱皿に取っておいた蒸し汁に下味調味料大さじ3と、分量のソース調味料を加えて、レンジで30秒。鶏肉と野菜を皿に盛りつけ、ソースをかけ、ミニトマトを切って添える。


今日の副菜:キャベツとツナの和風サラダ和え

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • キャベツ1/2個
  • ツナ缶1缶
  • <調味料>
  • マヨネーズ大さじ2
  • しょうゆ大さじ2
  • 砂糖小さじ2
  • <トッピング>
  • 刻み海苔適量

【作り方】
❶キャベツはスライサーなどで千切りにして、塩少々(分量外)を振り、手でもむ。10分置いて、水分をしっかりと搾る。ツナ缶もオイル(または水分)をしっかりと切る。
❷調味料と①をしっかり混ぜ合わせる。皿に盛りつけ、刻み海苔をかける。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

名波はるか (Haruka Nanami)

名波はるか (Haruka Nanami)

ライタープロフィール

タレント・グラビアアイドル・女優として日本でTV、雑誌、ラジオに出演。代表作に人気漫画の実写化作品の主人公を演じた「まいっちんぐマチコ先生」。現在は日本とロサンゼルスを行き来しながら、料理研究家としても活動中。著書(電子書籍)に「名波はるかの彼のお家で作るお泊まりレシピ」と「魔性の身体を2週間で手に入れる! 糖質制限レシピ」がある。

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る