「好みではない」や「得意ではない」は英語で?

「カラオケは好きですか?」「料理をするのは好きですか?」などの質問に対して、「あまり好きではないけど、別に嫌いでも・・・」のような微妙な気持ちを英語で表したい時、どのように言っていますか?「I don’t like ◯◯(〜が嫌いだ)」のようにストレート過ぎず、微妙なニュアンスを伝えるのにピッタリの返答の仕方をご紹介します。


1) It’s not my thing
→「趣味ではない / 得意ではない」

この表現は基本的に「得意ではない (苦手)」や「趣味ではない (興味がない)」などの意味として使われ、口語的でカジュアルな言い方になります。嫌いとまでは言わないが、個人的に楽しいとは思わないニュアンスとしてよく使われるフレーズです。

✔︎「_____ is not my thing」→「◯◯するのは趣味ではない」
✔︎否定文で使われることが多い。
✔︎苦手なことを表す時もこのフレーズがよく使われる。

・Karaoke is not my thing.(カラオケにいくのは趣味じゃないです。)
・Running is not my thing.(ランニングは得意ではありません。)
・Cooking is not his thing.(彼は料理が苦手です。)
・Sports is not her thing.(彼女はスポーツにはあんまり興味ないねん。)

2) Not my cup of tea
→「好みではない」

紅茶は人によって好みがそれぞれ異なることから由来したフレーズです。上記のフレーズ「Not my thing」と意味と用法はほとんど同じで「好みでない」と訳すことが出来ます。音楽や映画のジャンルなどが「好みでない」と言う時によく使われます。

✔︎「_____ is not my cup of tea」→「◯◯は好みではありません」
✔︎否定文で使われることが多いです。

・This music is not my cup of tea.(この音楽は私の好みじゃないです。)
・Video games are not his cup of tea.(テレビゲームは彼の趣味ではありません。)
・Abstract art is not her cup of tea.(抽象芸術は彼女の好みではありません。)
・Horror movies are not my cup of tea.(ホラー映画はそない好きちゃうねん。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る