【英会話】YOKOのLA通信第74回

読者のみなさん、こんにちは。

淳とあきなは昨日、無事に東京に戻りました。
嵐のような11日間でしたが、本当に家族でたくさんの時間を共有でき、楽しい11日間になりました。

今回の彼の目的は中学時代からの友人の結婚式に参列することでしたが、その間、BYBの講師達とのPodcast録音やYouTubeの撮影等、彼は少しでも時間があると仕事をしていました。
彼の最後の仕事は、私とのPodcastの録音になりましたが、最初は99回目、今回は199回目になるのかな?【母と息子対談】の第2弾目になります。

滞在中には【父の日】【ビルの誕生日】【友人の結婚式】日本に帰る前の前夜は【Family dinner】と、本当に毎日が飛ぶように過ぎて行きました。
その忙しい合間に二人で早起きをして早朝ランも一緒に3回走りました。
日本に帰る日の朝も二人で走れて楽しかったです。

彼の友人の結婚式はビバリーヒルズにある、Grey Stone Mansionで盛大に行なわれ、私もビルも淳の友人達みんなに会うことができ楽しい一日になりました。
彼らは私とビルを【They are my second parents】と他の友人達に紹介してくれ、とても嬉しい気持ちになりました。

淳は妹達との時間を取ることも忘れず、1日は、パサデナに住む一番下の妹の家に泊まりに行き、短い滞在期間中はフルに動いていました。
何と言っても皆が寝静まった後、淳と二人で夜中過ぎまでいろいろ話しができたのが、一番嬉しい時間になりました。

今週の木曜日から、昔からの友人がロスに来ることになり、7月初旬までは忙しいですが、頑張ります。

普段ビルと二人そして愛犬2匹と比較的自由に暮らしていますので愛犬達も毎日のように人の出入りが激しい日々でしたので彼らが日本に戻ってからBaileyもPistolも疲れたようでよく寝ています。爆笑

7月4日は独立記念日、今年から私が住んでいる地区も花火が中止になりましたので、犬達のことを思うと本当にほっとしています。
夜は家で愛犬と一緒に過ごします。昼間はJuly 4th pool partyに招待されていますので、楽しんできます。

家族で祝うビルの誕生日

結婚式

淳との早朝ラン

【前回の課題解答】★★★★

Billは友人のJoshに家族に祝ってもらった彼の誕生日について話しています。

Bill: All our kids were home for Father’s day that was a switch. It’s pretty tough for us to be able to get together under one roof nowadays.
珍しく、父の日には子供達はみんな家にいてね。最近は家族が全員揃うのは難しいよ。

Josh: I hear ya, your family is pretty spread out recently that must have been a hoot.
そうだよな,君の家族は最近、みんなバラバラだから悩みの種だな。

Bill: Well, it’s not over yet they will be hanging around for another week, so we definitely have our hands full right now.
うん、でもまだみんな、あと1週間はいるから今はかなり忙しいよ。

Josh: I know you got to be loving it. You and Yoko have a very tight family.
わかっているよ、君は嬉しいだろう。君とヨウコは凄く家族の絆が強いからね。

Bill: You got that right. Nobody is bitching about all the chaos because it only happens once in a blue moon these days.
その通り。だれもこの忙しさに文句を言う者はいないよ、だって最近ではこんなことって滅多にないからね。

<宿題のポイント>
●that was a switch =That was a change
●that must have been a hoot =悩みにちがいない。
● once in a blue moon=very seldom

【今回の課題】★★★★

下記の文章を訳して下さい。

Billは親友のDaveと日本に住んでいる友人のTakuのことについて話しています。

Dave: You were in Japan not too long ago. Did you meet up with Taku? Is he still filthy rich?

Bill: Yes, we had a dinner together. But I have no idea if he is still rich or not. Because I really don’t care anymore, I guess.

Dave: Wow! You made a complete 360. You have always been with the crowd.

Bill: That’s old me, I really don’t care about a Benz, Rolex and all those fancy clothes. I just live life as it comes.

Dave: Do you feel better off being that way?

Bill: Yes, I do. I don’t have any credit cards debt or things like that. It’s just wonderful you know.

Dave: Man, I seriously envy you. Someday I’ll be there.

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

陽子 Senesac

陽子 Senesac

ライタープロフィール

高校卒業後、5年間英国留学。帰国後日本で出会ったビル.セニサック氏と結婚。
1985年、同氏とともにロスアンゼルスで日本人ビジネスマンを対象にした全クラス個人レッスン制の英会話スクールBYB English Centerを開設。
以来、30年以上LAに駐在するビジネスマンから幼児まで、全クラス個人レッスン制の英語教育に徹し、生徒さんのニーズに合った英語を指導。現在では、現地でも有数の英会話スクールへと成長している。2011年4月よりBYB Irvine校をスタート。

書籍:
* 英語で楽しく雑談できる本      2008年 あさ出版
* 今日から始める英語100語日記    2010年 あさ出版
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2012年 きこ書房
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   ビジネス日常会話編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2014年 きこ書房
   困っている外国人に話しかけたくなる英語編
* 奇跡の音8000Hz英語聴覚セラピー  2015年 きこ書房
   日常英会話ロサンゼルス編

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る