「我慢」を意味する自然な英語

英語の辞書で「我慢」や「我慢する」を調べると、沢山の単語やイディオムが紹介されており、状況に応じて適切な表現がどれなのか判断しづらいかと思います。そこで、そんな悩みの解消に役立てばと、今日のコラムでは日常会話でネイティブが「我慢」を表す際によく用いる代表的なフレーズをご紹介します。


1) Put up with ____
→「〜に我慢する・〜に耐える」

このフレーズが日本語の「我慢する」に最も近い表現でしょう。辛い出来事や嫌なことなどに対して、不満や文句などを言わずに耐えたり辛抱するニュアンスが含まれます。例えば、「満員電車で通勤するのは嫌だけど、我慢するしかない」は「I hate commuting in overcrowded trains but I have to put up with it.」になります。

✔︎日常会話では「I can’t put up with _____.(〜に我慢できない)」と否定文で使われることが多い。

・What can you do? You have to put up with it.(どうしようもないよ。我慢しなきゃね。)
・Why do you put up with his nonsense?(なんで彼の馬鹿げた言動に我慢するの?)
・I can’t put up with this humid weather. It’s driving me crazy.(この湿気には耐えられへんわ・・・気が狂いそう。)

2) Deal with _____.
→「(我慢して)対処する・受け入れる」

このフレーズは「対処する」や「取引する」などの意味としても用いられますが、嫌な出来事や厄介な問題が発生した際に、その状況を我慢して受け入れつつ、何とかして解決しようと取り組むニュアンスがあります。例えば、サーバーがダウンしてインターネットが使えない場合に「We just have to deal with it.(我慢して何とかするしかない)」という具合で使われます。

✔︎「Deal with it(我慢して何とかしなさい)」はお決まり文句。

・Injuries are part of the game. You have to deal with it.(スポーツに怪我は付きものです。我慢するしかありません。)
・We are short-staffed right now. I don’t want to work late but I have to deal with it.(現在、人手不足です。遅くまで仕事をしたくはないけど我慢するしかない。)
・I’ve been suffering from migraines for years now. It’s just something that I have to deal with.(長年、片頭痛に悩まされてるねんけど、こればっかりはしゃーないわな。)

3) I can’t stand _____.
→「〜に我慢できない」

嫌悪感を感じる事に対し、イライラして耐えられない場合に使われる日常フレーズです。例えば、火災報知器が鳴り続けて仕事に集中できない場合は「I can’t stand it anymore!(もう我慢できない!)」となります。

✔︎一般的に日常会話では否定文として使われる。

・I can’t stand it any longer. I’m going to make a complaint!(もうこれ以上我慢できひん!クレームつけてくるわっ!)
・I can’t stand lazy people. They drive me crazy.(怠け者には我慢できない。本当にイライラする。)
・I can’t stand working these crazy hours anymore. I’m going to go talk to my manager.(長時間労働にもう耐えられません。マネージャーと相談してきます。)

4) Patient
→「じっと我慢する・忍耐強い」

“Patient”も我慢することを意味する単語ですが、特に何かに長時間耐えられる忍耐強さ表します。長い行列やうっとしい人などに対しても、イライラせず落ち着いて対応したり、取り組んでいる仕事や課題の成果が出るまで根気よく頑張れる辛抱強さを指します。

・Just be patient. I’m sure the waiter will come and serve us soon.(我慢しなさい。もうすぐウェイターが注文を取りに来ると思うから。)
・It takes time to become a good English speaker. You just have to be patient.(英語が上手に話せるようになるには時間がかかります。忍耐強く頑張ること。)
・You have to learn to be more patient. Success doesn’t happen overnight.(もっと辛抱強くならなあかんで。一夜で成功するわけないやん。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る