「約束する」「約束を破る」をナチュラルな英語で

多くの方は「約束」の英語といえば「Promise(プロミス)」が頭に思いつくのではないでしょうか?決して間違えではないのですが、「Promise」は軽い感じで約束する場合に使われる傾向があり、またネイティブの日常会話では、「約束する」や「約束を破る」といった台詞は「Promise」を使わずに表現することがよくあるので、今日はそれらについて触れてみようと思います。


1) Keep one’s word
→ 「約束を守る」

このフレーズを直訳すると「言った言葉を守る」となり、重要な約束事をする時によく使われる表現です。自分自身が約束を守ると言いたい場合は「I’ll keep my word」、相手に「約束を守るように」と言いたい場合は「Make sure you keep your word」のように表現します。

✔︎「Keep one’s promise」のように“word”の代わり“promise”を置き換えてもOK。

・Don’t worry. I’ll keep my word.(心配いらないよ。必ず約束を守るから。)
・Do you think she’ll keep her word?(彼女は約束を守ると思いますか?)
・I know you’ll keep your word.(あんたは約束を守るってわかってるで。)

2) Give one’s word
→「約束する・誓う」

上記1)の表現の“Keep”を“Give”にすると「(私が)約束します」を意味し、「保証する」や「誓う」のニュアンスとなります。このフレーズも重要な約束事をする時に使われます。自分が「約束をする」と言う場合は「I’ll give you my word」、相手に「(私に)約束してください」と言う場合は「Give me your word」となります。

✔︎この表現は“word”を“promise”に置き換えること出来ないので注意。

・I’ll give you my word it will not happen again.(二度と同じ過ちを起こさないと約束します。)
・He gave me his word.(彼は私に誓いました。)
・Give me your word you won’t lie again.(もう嘘つかへんって約束してやっ!)

3) Break one’s promise
→「約束を破る」

このフレーズは「約束を破る」を表す定番のフレーズです。重大な約束を破ったときは、“promise”を“word”に置き換えて“Break one’s word”とも言いますが、日常会話では“Break one’s promise”の方がよく使われます。自分が約束を破った場合は「I broke my promise/word」、相手が破った場合は「You broke your promise/word」となります。(否定文の場合は“word”を使って表現されることが多い)

・I can’t believe you broke your promise.(約束を破ったなんて信じられない。)
・He always breaks his promises.(彼はいつも約束を破ります。)
・If you break your word again, I’ll never trust you.(もし、また約束を破ったら、もう一生信じひんで!)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る