バリエーションを増やそう!頻度を表す口語表現

英語で頻度を表す際、「Always」や「Sometimes」、「Never」など、一語で通じる言葉ばかり使っていませんか?もちろんそれでも全然OKなのですが、ネイティブは日常会話の中でそれらの表現以外にも、フレーズを使ってより微妙な頻度の差を表したり強調したりします。よりネイティブのようなナチュラルな会話を身に着けるには、これからご紹介するフレーズを知っておくととても役立ちますよ。


1) Hardly ever
→「滅多に〜しない」

Hardly everは「めったに〜しない」や「ほとんど〜ない」を意味します。Rarelyより頻度が少なく、ほぼ0%に近い状態を表します。ちなみ、hardlyだけで「めったに〜ない」を表しますが、頻度の少なさをより強調したいときにeverを加えましょう。

✔︎その他、「Once in a blue moon」も「滅多に〜しない」を表す口語表現。

・I hardly ever eat fast food. The last time I had McDonald’s was about 10 years ago.(ファストフードは滅多に食べないな。最後にマックを食べたのは10年くらい前だと思う。)
・I’ve been so busy with work that I hardly get a chance to take a vacation.(仕事があまりにも忙しくて休暇を取る時間がほとんどないよ。)
・I see Johnny once in a blue moon. I don’t even know where he lives now.(ジョニーとは滅多に会わないな。彼が今どこに住んでるのかも知らないよ。)

2) Every now and then
→「時々」

この表現は時々何かをしたり、何かが起こったりすることを表します。意味と使い方はSometimesと同じですが、より口語的な表現です。一般的に文頭、または文末で使われます。

✔︎その他、From time to timeも「時々」を表す口語表現。

・Every now and then I call my parents and see how they are doing.(時々、両親が元気にしているか電話をします。)
・I eat ice cream every now and then. I get a sudden crave.(時々、アイスクリームを食べるよ。突然無性に食べたくなるんだよね。)
・I usually eat out for lunch but I pack my own lunch from time to time.(普段、ランチは外食しますが、時々自分でお弁当も作りますよ。)

3) More often than not
→「普段は/大抵」

この表現を直訳すると、「〜をしばしば(よく)やらないよりはやる」になり、普段していることや大抵起こる出来事を表すフレーズです。意味と使い方はUsuallyと同じですが、より口語的な響きがあります。文頭または文末で使われる傾向があります。

✔︎Typicallyも同じ意味を持ち、日常会話でよく使われる。

・More often than not, I go running before work.(私は普段、仕事の前にランニングをします)
・More often than not, he shows up about 10 minutes late.(彼は大抵10分くらい遅れます)
・I typically study English on my commute.(私は普段、通勤中に英語の勉強をします)

4) Almost always
→「ほぼ必ず」

この表現を直訳すると「ほとんどいつも〜する」になり、「ほぼ必ず」や「ほとんどの場合」を表すインフォーマルでカジュアルな言い方です。Always(いつも)より頻度が若干低いですが、Usually(普段)よりも頻度が高い状況で使われます。

✔︎その他、Nine times out of tenと言う表現もあり、日本語の十中八九に相当する。

・Buses in Los Angeles are almost always late.(ロスのバスはほとんどの場合遅れてきます。)
・I almost always floss my teeth before I go to bed.(寝る前はほぼ必ず歯をフロスします。)
・Nine times out of ten, my wife is right.(大抵の場合、妻が正しいです)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る