ホールフーズ、商品価格を下げる〜高級イメージを払拭する狙い

ホールフーズは今週、何百にもおよぶ食料品の価格を引き下げると発表した。これは、アマゾン傘下の下で高級食料品店というイメージを払拭する最新の取り組みとなる。

ブルームバーグ通信によると、アマゾンは 2017年8月にホールフーズを傘下に収めた直後に商品価格の引き下げを宣伝し、昨年は食料品の配達地域を広げ、アマゾン Primeメンバーの特典として割引を導入するなど行った。 ホールフーズは、約500店舗を展開しているが新価格は平均で約20%下がる模様。

アマゾンは 、ウォルマート、クローガー、コスコに対抗するために食料品の販売でホールフーズを買収しましたが、まだ追いつけていない。実際にホールフーズの店舗の周りにはウォルマートが平均10店舗がある。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る